研修実績

  • HOME
  • 実績
  • 研修実績
  • 〈産業資材メーカー〉 タイ現地社員のための異文化適応トレーニング
産業資材メーカー

タイ現地社員のための異文化適応トレーニング

お客様の課題

タイ人と日本人は文化の違いにより、ビジネススタイルにも大きな隔たりがある。互いに相手の国への理解が乏しいため、相手の業務における言動に疑問を感じ、タイ現地社員と日本人赴任者の間で、円滑なコミュニケーションが取れず、業務上ストレスを抱えている。

タイ現地社員が日本人赴任者に感じるフラストレーションの一例

  • txPhoto
  • 部下に意見を求める日本人に対し、タイ人は「上司なのに意見がない」
    と判断しマネジメント能力の低さを感じる。
  • こまめな報連相を求めてくる日本人上司に対し、タイ人は自分は信頼されていないのでは?と感じる。
  • 日本人は何事にも入念な準備とバックアップ体制を構築するうえ、時間や納期、身だしなみ、マナーに対してこだわりがあるが、タイ人社員にはその必要性が理解できない。

対象 タイ現地社員
ねらい

タイ現地社員が日本人的な価値観に対する理解を深めることで、コミュニケーション上で感じるストレスをコントロールし、業務効率をより良くする。

内容

1.本トレーニングのプログラム紹介と目的

なぜこのトレーニングが必要なのかを受講者に説明し、受講者の意識統一をはかる。また受講のモチベーションを高める。

  • (※1) ホフステードの6次元モデル

  • txPhoto
    + click to zoom

2.文化とマネジメントの関係

文化とは何かを理解した上で、日本の文化を学習し、タイとの類似点や相違点を学習する。

3.「6次元モデル」を用いたタイ人と日本人の価値観の違い

異文化研究の第一人者であるオランダの研究者ホフステード博士が 生み出した“価値観を可視化するためのツール「6次元モデル(※1図)」” を用いてタイと日本の各指標におけるスコアを比較し、価値観の違いを客観的に把握する。

4.日本人の価値観や働き方の特徴を知る

報連相とは何か、タイムマネジメントの考え方、日本人の仕事とプライベートの優先度など日本人と働くうえで気を付けるべき事柄を弊社のオリジナルケースを用いて議論し、理解を深める。

5.日本のビジネスマナーを知る

日本人と円滑なコミュニケーションを取るために効果的なビジネスマナー(電話の応対、名刺の渡し方、挨拶、席順、身だしなみ等)を学ぶ。

6.質疑応答及びまとめ

教材サンプル(タイ語)※一部抜粋

Photo1 Photo2 Photo4
受講者の声(一部抜粋)
  • 研修で学んだ知識や、色々な価値観の人たちとのコミュニケーションの取り方はとても有効だと
     思う。 日々の仕事だけでなく、日常生活でも取り入れたい。
  • 日本人とかタイ人とかに関係なく、価値観の違いを理解することの大切さに気付いた。
  • 日本式のビジネスマナーとそれに影響を与えている日本人の文化が理解できた。
  • 日本人と一緒に働くためにどんなコミュニケーションがいいのか、礼儀とかマナーも勉強できたのが  為になった。
  • 研修を受けて、何事も計画をしっかり立てて進捗を常に報告する日本人の仕事の仕方の理由が分かっ
     た。KAIZEN、PDCAを自分たちももっと取り入れてみようと思った。
  • 日本人の上司と部下のタイ人との関係を良くするためのポイントがわかった。それ以外ではHO-REN-  SOの重要性が分かったので職場でやってみたい。
  • ミスしてしまった時は言い訳せずに謝って、改善するようにすることが大切だと分かった。
お問合わせ・資料請求企業の研修企画から運営・実施に至るまでお気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

Tokyo:+81-(0)3-5294-5576

※日本語

Bangkok:+66-(0)82-671-8574

※タイ語・英語での対応可

メールでのお問い合わせ

cbubcl@cicombrains.com
※日本語・タイ語・英語で対応可

PAGETOP

Bangkok

68/27, North Sathorn Road, Silom, Bangrak, Bangkok 10500, Thailand(UBCL Co., Ltd.内)

Bangkok
+66-(0)82-671-8574
+66-(0)2-206-2093
(タイ語・英語での対応可)
Tokyo Japan
+81-(0)3-5294-5576
+81-(0)3-5294-5578