公開講座/セミナー

CICOMBRAINS UBCL 公開講座<バンコク開催>
CICOM BRAINS UBCL เปิดสัมมนาหลักสูตร สำหรับบุคคลทั่วไป (จัดที่กรุงเทพฯ)
タイ人ビジネスパーソンのための異文化理解と適応トレーニング~Intercultural Management Program~公開講座 หลักสูตรการปรับตัวเข้ากับความแตกต่างทางวัฒนธรรม
เพื่อนักธุรกิจชาวไทย
  • Date:November 21st, 2017(Tue)
  • Time:10:00-16:00
  • Place:TBA
  • Enrollment Limit:15 Persons
  • Fee:4,500 Baht (+7% VAT /  Including lunch)
  • Enrollment Closing Date:2 week before training day
  • ※This seminar is held in Thai.

mainVisual

Application and flyer in Thai
※申し訳ございませんが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。

タイ人ビジネスパーソンが感じている日本人的価値観への疑問を解消し、
効果的なコミュニケーションへと導く

「なぜ私の意見を求めるの?上司なのにどうして自分で決めないの?」
「なぜ日本人はいつも報告しろ、とうるさいんだろう?」
「また残業?日本人はどうして家族より仕事を優先しているの?」
「時間厳守、身だしなみ、マナー・・・
  日本人ってどうしてこんなに細かいんだろう?」

本講座では、異文化を読み解くフレームワーク「ホフステードの6次元モデル※」を軸に、日系企業に勤める/あるいはビジネス関係をもつタイ人が感じている「日本人ビジネスパーソンとのコミュニケーションの難しさ」とその対処法について、自身のタイを含む東南アジア各国での駐在員としての経験やタイ国立マヒドン大学経営大学院(CMMU)での5年にわたる教鞭経験など、タイ人と日本人との文化的な特徴や価値観の違いを身を持って体験してきた日本人講師が、タイ語でわかりやすく解説します。

担当講師は、異文化マネジメントに関する多数の講演の実施、研究論文の発表、書籍の出版など、この分野で長年活躍している知識、経験の豊富な教授です。ホフステード博士の理論だけでなく、担当講師自らの研究と理論を踏まえた講義と事例紹介、演習を通じて、より良い異文化間コミュニケーションの手法を効果的に伝授します。

※ホフステードの6次元モデルとは:異文化・組織文化研究の世界的権威であるオランダの社会組織人類学者であるホフステード博士がIBMの社員(72か国・11万6千人)を対象に行った調査に基づく理論。

Thai business personnel often struggle to understand and deal with Japanese values and customs. This program utilizes “Hofstede’s 6D Model”, one of the best-known cultural frameworks, as well as various exercises and role plays, to improve understanding Japanese values and communication styles. Participants will learn how cultural differences affect communication in business and how to deal with them. Participants will then clearly understand why Japanese people & companies behave as they do, which will create more effective communication in the workplace.

参加対象者

  • 日系企業で働いているタイ人社員
  • 日本人とビジネスをしているタイ人
  • 人事・人材開発部門の方(日本人の方はタイ語が分かる方のみ)

※本講座はタイ語で行います。

Application and flyer in Thai
※申し訳ございませんが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。
セミナーの内容
  • 異文化理解と適応プログラムのねらいとその特徴
  • アイスブレーク -文化とマネジメント-
  • 異文化を理解するフレームワーク「ホフステードの6次元モデル」とは
  • 日本人の価値観を理解する/効果的なコミュニケーションの取り方とは
  • ケーススタディ:日本人とのコミュニケーション
    例)報連相、タイムマネジメント、仕事とプライベートの優先度

講師

HisaeKawashima

大西 純Professor Dr. Jun Onishi
教授・経営学博士

オハイオ大学、青山学院大学卒業後、ニコン、大和証券、リョービに通算20年程勤務。ニコン在職時にシンガポール、香港に駐在。その後、起業しタイを拠点に貿易業を営む。仕事の傍ら、チュラロコーン大学、タマサート大学で修士号を修得し、アジア工科大学院で国際ビジネスの博士課程を修了(Ph.D. international business)。その後、マヒドン大学経営大学院で起業学科長を5年勤めたのち帰国し、国立大学法人弘前大学で国際交流センター長を務める。公立大学法人横浜市立大学国際総合科学部経営学コース教授として現在に至る。専門は人的資源管理で、研究の中心はアジアに進出している日系企業における現地人と日本人管理職との職場でのトラブルを「職場摩擦」と名づけ、その原因と解消法を緻密な現地調査に基づいて明らかにすることである。これまでに60本以上にわたる論文、学会発表、講演があり、異文化マネジメントの専門家として活躍。日本語、英語、タイ語、スペイン語で講義を行うことができるポリグロットである。主な著書に「タイ駐在のためのタイ入門」「Working Japanese in Southeast Asia」等がある。

Application and flyer in Thai
※申し訳ございませんが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。
サイコム・ブレインズ UBCL 異文化理解と適応研修事務局

電話でのお問い合わせ

Tokyo:+81-(0)3-5294-5576

※日本語

Bangkok:+66-(0)82-671-8574

※タイ語・英語

メールでのお問い合わせ

cbubcl@cicombrains.com
※日本語・タイ語・英語で対応可

PAGETOP

Bangkok

68/27, North Sathorn Road, Silom, Bangrak, Bangkok 10500, Thailand(UBCL Co., Ltd.内)

Bangkok
+66-(0)82-671-8574
+66-(0)2-206-2093
(タイ語・英語での対応可)
Tokyo Japan
+81-(0)3-5294-5576
+81-(0)3-5294-5578