CICOM BLOG

HOME > 石原昇のブログ



アキバ在住アナリストのブログvol.59               アキバの歳時記2015年〜「爆買い」に沸く新旧文化のクロスゾーン (15年12/28 更新)

アキバ在住アナリストの石原昇です。

2015年の新語流行語大賞になった「爆買い」を実感する秋葉原。先端技術に溢れ、江戸文化とポップカルチャーの聖地としての発信力にも磨きがかかっています。そんなアキバの1年を振り返ってみましょう。

続きを読む

アキバ在住アナリストのブログvol.58               アキバの歳時記2014年〜癒しや笑い、遊びや学びに溢れるグローバルタウン (14年12/25 更新)

アキバ在住アナリストの石原昇です。

今年2014年は、火山噴火や土砂災害などの暗い出来事がありましたが、日本人のスポーツ選手の活躍やノーベル物理学賞の受賞など明るい話題にも事欠きませんでした。ここアキバでも、癒しや笑いが溢れ、多くの遊びや学びがありました。海外からの観光客もさらに増えてきました。グローバルに進化するアキバの今年を振り返ってみましょう。

続きを読む

アキバ在住アナリストのブログvol.57               アキバの歳時記2013年〜世界へ向けた「おもてなし」 (13年12/27 更新)

アキバ在住アナリストの石原昇です。今年は、富士山や和食の文化遺産登録、東京オリンピックの2020年招致など、世界から日本に注目が集まりました。ここアキバにも、伝統文化やポップカルチャーを求めて、内外からたくさんの観光客が訪れました。周辺では大規模な再開発も竣工しました。「おもてなし」に溢れたアキバの2013年を振り返ってみましょう。

続きを読む

アキバ在住アナリストのブログvol.56               アキバ界隈の建造物〜2013年春は3大跡地の再開発が竣工 (13年3/12 更新)

アキバ在住アナリストの石原昇です。近年大きく変貌を遂げたアキバ界隈。2005年の秋葉原クロスフィールドのオープンを皮切りに、ヨドバシAkiba、TX駅ビル、2つのホテルの完成を経て、2010年のアトレの開業で、駅前は様変わりしました。今年2013年の春は、駅の南西エリアにある3大跡地の再開発プロジェクトが姿を現します。


万世橋駅と交通博物館の跡地に立つ「JR神田万世橋ビル」
万世橋駅と交通博物館の跡地に立つ「JR神田万世橋ビル」


続きを読む

アキバ在住アナリストのブログvol.55               日本を取り込むアジアンパワー(下)〜中国編 (12年8/8 更新)

アキバ在住アナリストの石原昇です。

秋葉原の電気街で売られている数多くの家電製品。昨今、Made in Chinaはもちろん、日本製であっても中国メーカーのものが増えてきました。ビールで有名な青島(チンタオ)には、冷蔵庫や洗濯機など白物家電で世界トップのハイアール(海爾)の本社があります。

5501.JPG
青島のシンボル、桟橋の向こうに広がる旧市街

続きを読む

アキバ在住アナリストのブログvol.54               日本を取り込むアジアンパワー(上)〜韓国編 (12年7/26更新)

先月、3週間にわたり、韓国と中国へ出張してきました。飛行機、フェリー、公共バスなどを乗り継いで、延べ18都市を訪問し、産業や企業の集積、ハイテク事情などを視察しました。開催中のヨス万博や3回目となるソウルの外国人投資家会議、中国山東省の知られざる地級都市の発展状況など、2回にわたってご紹介しましょう。

麗水(ヨス)EXPO駅で出迎える、「ヨニ」と「スニ」
麗水(ヨス)EXPO駅で出迎える、「ヨニ」と「スニ」

続きを読む

アキバ在住アナリストのブログvol.53               伝統とポップのクロスカルチャー〜アキバならではの正月イベント (12年1/19更新)

アキバ在住アナリストの石原昇です。

2012年が明けました。アキバのお正月は、神田明神の初詣とゲーマーズ前に集まるアキバ少年のカウントダウンから始まります。1月9日の早朝には、国民的アイドル「AKB48」メンバーの成人式で神田明神は再び大フィーバー。同じ日のベルサール秋葉原では、「アキバ大好き!祭り2012」が開催されていました。電気街とポップカルチャーの聖地との共存共栄をテーマに、電子工作教室やヲタ芸コンテストなど盛りだくさんの企画に沸きました。

53-1.gif
AKB48メンバーによる書初め(今年はコアメンバーの成人式が大注目)

続きを読む


▲ページTOPへ戻る