CICOM BLOG

HOME > 石原昇のブログ > アキバ在住アナリストのブログvol.30             シンガポールの隆盛〜AKIBAに通じるダイナミズム(08年5/28更新)  



アキバ在住アナリストのブログvol.30             シンガポールの隆盛〜AKIBAに通じるダイナミズム(08年5/28更新)  

アキバ在住アナリスト、CICOM(サイコム)取締役の石原昇です。

毎年5月、スイスのビジネススクールのIMDでは世界競争力ランキングを発表しています。15日速報の2008年版によると、トップは15年連続で米国が維持したものの、2位のシンガポールとの差は僅かに0.7ポイント。来年は首位交代の可能性が出てきました。昨年4月にサイコム・インターナショナル初の海外拠点となったシンガポールは、さらなる進化を遂げています。

世界の企業が進出するシンガポールの中心部
世界の企業が進出するシンガポールの中心部

今、シンガポールは多くの大規模プロジェクトに沸いています。今年3月に世界最大の観覧車が完成、秋には世界初の夜の市街地でのF1グランプリが開催されます。2009年以降は2つのカジノと巨大関連施設がオープンします。1つはマリーナベイの約20.6ヘクタールのエリアに、マカオにも投資しているラスベガス・サンズが中核となり、50.5億シンガポールドル(約3,850億円)を投じ、2,300室以上のベネチア風のホテルを建設中。もう1つは、セントーサ島の一部の約49ヘクタールのエリアで、ゲンティン・インターナショナル&スタークルーゼズが母体となり、ハードロックホテルを含む6つのホテル、全1,800室を着工。アトラクションとしてユニバーサルスタジオを誘致し、世界最大の水族館も併設。52億シンガポールドル(約4,000億円)を投じ、ファミリー向けのマルチリゾートとして2010年の開園を予定しています。

セントーサ島のカジノ総合リゾーツの建設現場
セントーサ島のカジノ総合リゾーツの建設現場


シンガポール政府は、2005年に発表した「Tourism 2015」により、2015年までにシンガポールへの訪問客数を2005年の894万人から 1700万人に、観光収入を108億シンガポールドル(約8,250億円)から300億シンガポールドル(約2.3兆円)にすることを目標に、3つの重点分野 1.国際会議や展示会の誘致、2.レジャー体験ができる観光地の造成、3.教育や医療分野における良質なサービス の提供に取り組んでいます。政府主導の国造りには定評があり、2008年の世界競争力ランキングの4大評価項目のうち、「Government Efficiency」では、シンガポールは世界トップになっています。

また「Business Efficiency」では2位、「Economy」と「Infrastructure」では3位です。シンガポールは、面積は東京23区と同程度、人口は425万人と市場規模は小さいものの、効率性や利便性といった総合力では極めて高い評価があり、海外から多くのヒト、モノ、カネを集めています。

国際金融センターとしての評価は、東京の9位を上回り、ロンドン、ニューヨーク、香港に次ぐ世界4位にランクされています。コアの外為市場から近年ではプライベートバンキングやヘッジファンドなどの資産運用市場が急拡大しています。これは90年代後半の金融改革のなかで資産運用市場の育成を柱の1つに掲げ、優遇税制に加えて専門の大学院を設立するなど金融プロ人材の育成にも力を入れてきた結果です。過去5年間で資産運用残高は3倍に拡大し、GDPの4倍に相当する額に達しています。海外の教育機関との連携も活発で、秋葉原でも5月10日(土)にUDXビルのAKIBAスクウェアで、東北大学とシンガポール国立大学との学生シンポジウムが開催されました。

ナノ医工学に関する研究発表が交わされました
ナノ医工学に関する研究発表が交わされました


日系企業のアジア拠点もシンガポールにシフトしています。2008年3月の「第2回在シンガポール日系企業の地域統括機能に関する調査」によれば、シンガポールで何らかの地域統括機能を持つ日系企業の割合は、57.7%と、2年半前の調査の44.6%から大幅に増加しています。地域統括業務については、「営業・販売・マーケティング」、「財政・金融」、「経営企画」、「人事・労務管理・人材育成」、「情報システム」が上位5つを占めています。一方、課題として、「現地人材を十分活用できる組織体制の構築」、「日本本社からの意思決定権限の委譲」、「地域統括会社と海外グループ会社間の組織体系の見直し」が指摘されています。CICOMシンガポールは、日系企業のアジア拠点における人材育成の取り組みを一層支援して参ります。

CICOMシンガポールのあるコンファレンスホール
CICOMシンガポールのあるコンファレンスホール
(右側面が入り口です)

サンディ齋藤が研修をコーディネイトします
サンディ齋藤が研修をコーディネイトします


さて、秋葉原に通じるダイナミズムはシンガポールの街中にも溢れています。IT先進国のシンガポールの電気街は、MRTのブギス駅からリトルインディアに向かう途中にあり「SIM LIM TOWER」と「SIM LIM SQUARE」の2つのビルに、多くのパーツショップやジャンク店が集積しています。また大型ショッピングセンターの中にある、AKIBAをコピーしたサブカルチャーショップも人気です。各種のMANGAやフィギュア、お土産の品揃えも多く、秋葉王サブレ(定価650円)は、14.5S$(約1,150円)で売っていました。

AKIHABARA直輸入のフィギュアが大人気
AKIHABARA直輸入のフィギュアが大人気 


ラッフルズホテル近くにメイド喫茶も開店!
ラッフルズホテル近くにメイド喫茶も開店!


アジアの拠点としてますます発展するシンガポール。AKIBAに通じるダイナミズムを体感しに、是非、御来星ください。

==========
サイコム・ブレインズに関するお問い合わせ、
研修についてのご相談はこちら
URL:https://www.cicombrains.com/contact/CB_form.html
Email:hrd@cicombrains.com


▲ページTOPへ戻る