CICOM BLOG

HOME > 石原昇のブログ > アキバ在住アナリストのブログvol.32             自販機大国ニッポン〜アキバは自販機の実験場(08年 7/31更新)  



アキバ在住アナリストのブログvol.32             自販機大国ニッポン〜アキバは自販機の実験場(08年 7/31更新)  

アキバ在住アナリスト、CICOM(サイコム)取締役の石原昇です。

猛暑の季節、自販機で冷やされた清涼飲料に渇いた喉が癒されます。秋葉原では、飲料はもちろん、おでん缶やラーメン缶をはじめユニークな自販機をアチコチで目にします。周辺には、最大手の富士電機リテイルシステムズ(末広町駅至近)をはじめ、グローリー(秋葉原UDX)、サンデン(台東1丁目)などの自動販売機メーカーが拠点を構えています。

チチブデンキ前の自販機は不動のアキバ名物
チチブデンキ前の自販機は不動のアキバ名物

現在、全国には自販機が550万台も設置されており、商品売上高は7兆円に達しています。これはコンビニの総売上高に匹敵する規模です。そのうち4割が清涼飲料自販機、1割がタバコ自販機です。酒類は2000年6月から、屋外設置の従来型酒自販機を撤廃し、未成年者が購入できない改良型酒自販機への切替えが進められています。運転免許証や暗証番号入りのIDカードを読取る方式や顔認証方式など年齢を識別する装置が搭載され、成人であることが確認されないと酒類が買えないシステムです。タバコは都内でも7月から成人識別ICカード(taspo)が導入されました。

「taspo」の登録所が繁華街各地に登場
「taspo」の登録所が繁華街各地に登場

ミラーに写った顔から成人を認証するハイテク型
ミラーに写った顔から成人を認証するハイテク型


このほか進化した自販機は、携帯電話対応、AED設置型、監視カメラ搭載など数多く登場しています。コカ・コーラグループは、iモード端末と連動可能な専用自販機「シーモ」を全国に設置しています。各種コンテンツやエリア情報、アミューズメント施設の入場券などを購入できます。また自販機に無線LANを内蔵しホットスポット化する動きや、自販機の通信機能を利用し、オンラインによる販売状況や在庫管理を可能にするテレメーター事業も試行されています。

JR秋葉原駅のホームにはパンと傘の自販機
JR秋葉原駅のホームにはパンと傘の自販機

末広町の精米機メーカー店頭には調理米の自販機
末広町の精米機メーカー店頭には調理米の自販機

自販機の側面にアキバ情報満載のタッチパネル
自販機の側面にアキバ情報満載のタッチパネル


一方で自販機には課題も数多くあります。自販機の総電力消費量は原発1基分ともいわれ、省電力化は急務です。また景観や通行の障害、空き缶などのゴミ問題も悩みのタネです。今年3月、東京ビッグサイトで自販機業界の総合展「VENDEX JAPAN 2008」が6年ぶりに開催されました。「街づくり・流通ルネサンス」の一環として、「利便+安全・安心の街づくり」がテーマに掲げられました。共通テーマゾーンには、「社会貢献」「環境問題」「たばこ自販機における成人認証」「防災・防犯対策」「自販機のネットワーク化」についてそれぞれのコーナーを設け、業界の取り組み状況と今後の方向性が広く紹介されました。

リテールテックと併催でVENDEX JAPANが開催
リテールテックと併催でVENDEX JAPANが開催

ソーラーを搭載した未来型コンセプト機が展示
ソーラーを搭載した未来型コンセプト機が展示


一大繁華街に発展した秋葉原。今日その安全が問われるなかで、地域の防犯・防災情報を表示する電光掲示板が付いた自販機、監視カメラをネットワーク化した自販機ロボットなど、販売機という枠を超え、地域社会に貢献する、新たなコンセプト製品の登場が期待されます。

==========
サイコム・ブレインズに関するお問い合わせ、
研修についてのご相談はこちら
URL:https://www.cicombrains.com/contact/CB_form.html
Email:hrd@cicombrains.com


▲ページTOPへ戻る