インドネシア人がわかる!チームとあなたのパフォーマンスを最大化する!「異文化マネジメント」強化セミナー

2018年3月6日(火)
ジャカルタ・インドネシアにて開催

セミナーの内容

"マネージャーの仕事自体は世界どこでも共通である。どのように遂行するかが、伝統や文化によって大きく異なる"
― ピーター・ドラッカー

インドネシア人と仕事をするときに、こちらの言いたいことが「伝わってないなぁ」とがっかりすることはありませんか?
異文化を学ぶ=相手を受け入れる ではありません。マネージャーに必要な異文化スキルは、こんな時に「相手をどう納得させたらよいか」を考えられる、働きかけのスキルです。
このセミナーでは「6Dモデル」という異文化理解のためのツールを学習するとともに在インドネシア15年の講師が皆さんの職場でも起こりうるトラブルを題材に、効果的なコミュニケーションのコツをお教えします。
インドネシア人の価値観を理解し、自分とのギャップを見定めたうえで、「インドネシア人をやる気にさせてパフォーマンスを上げる」ための戦略を皆さんで一緒に考えてみましょう。

  • 文化の違いが分かると、ビジネスが変わる!
  • 文化の違いを理解する強力ツール「6-Dモデル」とは?
  • WEB診断(Culture Compass)で把握する、起こりうる問題と解決の手がかり
    ※本セミナーの受講前に、オンライン上でCulture Compassを受診していただきます。
  • 「あるある」な事例で学ぶ!インドネシア人とのコミュニケーション
  • インドネシア人が納得できる伝え方

受講生の声

2016年の開講以来、多くの日本人ビジネスマンが、「イライラの原因がわかり、論理的に今後のアプローチを考えられるようになった」と高く評価しています。

1.満足度

【アンケートの結果】
非常に満足・・・30%
満足・・・67%
普通・・・3%
不満・・・0%
大変不満足・・・0%
figure

2.この講座をほかの日本人に勧めますか?

【アンケートの結果】
勧める・・・94%
勧めない・・・6%
figure

3.感想

  • 自分の改善点を具体的に考えることができて即効性があると思った。
  • 客観的に日本の特徴を理解できた。
  • 文化の違いに関する情報だけではなく、同インドネシア人を受け入れるかという話でもなく、違いの源泉を理解し相手を納得、説得させる方法が学べたのが良かった。
  • 具体的な事例が多く、興味深く学べた。
  • インドネシアでの生活が長く配偶者がインドネシア人でも目からうろこの話がたくさんあった。
  • 多くの日本人が同じ悩みを抱えていることが分かった。
<報告レポート>
前回の講座の詳細レポートはこちら!

「6-Dモデル」と「Culture Compass」

「6-Dモデル」は、異文化と組織文化研究の世界的権威であるヘールト・ホフステード教授が国別の文化の違いを分類・スコア化したものです。6つの次元(切り口)から国民の文化を分析し、各国の平均的傾向を数値化することで、各国の相対的位置づけを把握することができます。

<文化を理解する6つの次元>
  1. 権力格差 (大きい 対 小さい)
  2. 個人主義 対 集団主義
  3. 男性性(タフ) 対 女性性(やさしい)
  4. 不確実性の回避度(高い 対 低い)
  5. 実用主義 (実用的 対 規範的)
  6. 人生の楽しみ方 (充⾜的 対 抑制的)

また「Culture Compass」は、6-Dモデルをベースとしたアセスメントです。このアセスメントを受診することで、「自分自身」「日本人の平均」「インドネシア人の平均」の三者による価値観の違いを客観的に把握することができます。診断結果のレポートで価値観の違いにより起こりうる問題を把握することができ、スタッフ、取引先、顧客など、ビジネスでより良い関係を構築する手がかりを得ることができます。

Culture Compass

講師紹介

HermanHuang

小林 千絵Chie Kobayashi JACリクルートメントインドネシア Managing Director

1992年神戸大学教育学部卒業。サントリー、人材派遣会社を経て海外へ。デンマーク国立大学で異文化コミュニケーションを学ぶ。コペンハーゲンビジネススクール、インドネシアLIA大学で日本語教師を務める。2003年JACに入社し、2016年1月Managing Directorに就任。インドネシア居住はすでに14年になる。日系・多国籍企業において8000人以上の採用実績があるJACインドネシアの代表として、「企業は人なり」の信念のもと在インドネシア企業の課題解決に取り組む一方、社内ではインドネシア人のほか、日本人、韓国人、ポルトガル人、チュニジア人など、多国籍な社員のマネージに日々奮闘している。自らの経験から企業マネジメントに異文化理解が欠かせないと考え、それを伝えるためのセミナーや研修講師業にも意欲的に取り組んでいる。

HermanHuang

勝 幹子Mikiko Katsu サイコム・ブレインズ株式会社
ディレクター / シニアコンサルタント

上智大学外国語学部、一橋大学大学院国際企業戦略研究科卒業。電機メーカーで教育、採用関連業務に従事。その後携帯電話向けソフトウェア開発の日系ベンチャー企業にて他企業とアライアンス業務を担当。デンマーク、スペイン、イギリス、韓国での滞在経験や、アジアへの興味を活かして、特に多国籍メンバーへの研修や新興国派遣研修、最近ではインドネシアにおける現地社員研修の企画に力を入れている。

開催概要

開催日時
  • 2018年3月6日(火)
  • ※受付締め切り:2018年2月26日(月)
時間
13:30-18:00
会場

CEO SUITE JAKARTA
Sahid Sudirman Center 56 F, Jl. Jend Sudirman Kav 86, Jakarta

定員
25名
受講料
IDR 1,500,000 + VAT10%
※受講料のお支払いについて、お申し込み後に別途請求書をお送りいたします。
お支払期限:2018年3月1日(木)まで
お問い合わせ
[日本]
サイコム・ブレインズ株式会社
担当:勝/Debby Li
電話番号: +81-(0)3-5294-5576
メールアドレス:gtd@cicombrains.com

PAGETOP

Jakarta

Sahid Sudirman Center 11th Floor Sudirman, Jakarta Pusat, Indonesia

Jakarta
+62-(0)823-1101-0551
(WhatsApp)
Tokyo Japan
+81-(0)3-5294-5576
+81-(0)3-5294-5578