組織文化戦略遂行や目標達成に向けた組織変革/イノベーションを起こす組織づくり/
組織文化診断オンラインサーベイ

  • Hofstede Model®とは

オランダの社会組織人類学者、ヘールト・ホフステード博士といえば国民文化の調査・研究の中で提唱された「ホフステードの6次元モデル」が有名ですが、組織文化の研究者としても著名な「文化と経営の父」と呼ばれる世界的権威です。サイコム・ブレインズは、ホフステード博士の長年の研究成果をベースに開発された、30年超の診断データの蓄積と、世界では500以上の組織に対する、幅広い業界で診断実績のある「Hofstede Model®」を採用して組織文化の変革を支援しています。

組織文化診断から始める組織変革にむけた3つのステップ

具体的には、「Hofstede Model®」に基づいた組織文化診断のためのオンラインサーベイを受診することによって、「現在の組織文化」と「目標達成に最適な組織文化」を以下の8つの切り口で数値化して把握することが可能になります。

<組織文化を診断する8つの切り口>

  • 組織の効率性(目的と手段のどちらを重要視するか)
  • 大切なのは誰か(組織内か、顧客か、社外ステークホルダーか)
  • 仕事の規律(緩やかなコントロールか、厳格なコントロールか)
  • 組織内の関心(上司/部門への忠誠か、自身の職務/専門的能力への忠誠か)
  • 組織外への接し方(オープンか、閉鎖的か)
  • 組織の経営哲学(従業員志向 か、 仕事志向か)
  • 組織内の人々のリーダーシップ受容度
  • 人と組織の一体感

診断したい対象部門に所属するメンバーが、オンラインで選択形式の質問に回答することで、部門の文化的特徴が数値化され、部門の組織文化が「戦略遂行や目標達成を支援しているか」あるいは「阻害しているか」を把握できる客観的なレポートを受け取ることができます。

「Hofstede Model®」を用いた組織文化の診断は1部署から可能です。お気軽にお問合せください。

<診断結果レポートのサンプル(抜粋)>

診断結果レポートのサンプル

組織文化に関する資料請求・お問い合わせ

コンサルティングの詳細や成果、プログラムのカスタマイズについて、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com