インドネシア人営業パーソンのための
UPC営業力強化1日公開講座 報告レポート 熱気あふれる2日間となりました

日時

2016年4月21日(木)22日(金) 9:30~17:00

場所

ガジャマダ大学ビジネススクール ジャカルタキャンパス

セミナーの内容

30年前日本で開発されたサイコム・ブレインズの営業力強化研修は、2009年中国、2014年シンガポール、2015年タイへと順次進出。そしてついに2016年4月、インドネシア・ジャカルタで初めて公開講座として実施されました。予想をはるかに超える60名のお申し込みをいただき、クラスを増設したうえで、1日のプログラムを2日連続で行いました。陽気で盛り上げ上手なHerman講師のキャラクターも手伝って、様々な企業から来た受講者たちはすぐに打ち解け合い、終始リラックスした雰囲気で研修は進みました。細かくメモを取ったり、全員の前でロールプレイをすることに少し恥ずかしがるところは、日本人の反応と大変よく似ていました。

今回はBtoB・BtoCの営業を想定した2種類のロールプレイを取り入れて、両方のシチュエーションを体験できるようにしました。また研修冒頭では簡単なゲームを行ったりと、インドネシア人に合った内容になるよう、講師やガジャ・マダ大学のスタッフと協力しながら、教材やプログラムをカスタマイズして実施しました。受講後のアンケートでは、60人中52人が「同僚にすすめたい」という高い評価をいただきました。シンプルな内容でありながら「業績をあげる営業パーソンにとって大切なポイントを理解できた」という声を多くいただくとともに、「上級編のプログラムが作ってほしい」といったご要望もいただきました。次回は2016年8月の開催を予定しています。いただいたフィードバックをもとに、内容をさらにブラッシュアップして皆様のご参加をお待ちしております。

report20160421

研修後アンケート

1.「満足度」「実用性」「講師」「演習とロールプレイ」

このアンケートでは、当研修を受講していただいた皆様に、「講座全体に対する満足度」「講座の実用性」「講師」「演習とロールプレイ」の4項目に対して、5点満点で評価をつけていただきました。

2.本講座を同僚にすすめたいか?

参加者の声(一部抜粋)

  • 「とにかく提案」から「まずは顧客を理解すること、ニーズを聞くことが大切」ということに気づき、マインドを転換することができた。
  • 内容はシンプルだが、非常に重要な事を学べた。
  • 他社の方とネットワーキングができて良かった。
  • 応用編も実施してほしい。

お気軽にお問い合わせください。

ナショナルスタッフ育成に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5294-5576

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ