集合研修と現場経験をリンクさせた若手社員の育成推進メソッド

サイコム・ブレインズ 新プログラム発表会

集合研修と現場経験をリンクさせた
若手社員の育成推進メソッド

~「経験から学び自ら育つ」若手人材の育て方~

2014年11月28日(金)
時間:14:30〜17:00(受付開始:14:00)
会場:秋葉原UDXカンファレンス6F Room E
定員:50名
費用:無料
受付締め切り:2014年11月25日(火)

どうすれば、若手社員を早期に戦力化し、
いきいきと活躍させることができるか?

キーワードは“経験学習”と“反転授業”

「若手社員の早期戦力化と離職防止」は、当社が最近最も多くご相談頂く内容です。早期戦力化のために育成は重要とわかっていながらも、現場では、プレイングマネジャーとして活動する管理職が多く、若手社員一人一人に対して、手取り足取り丁寧に教える余裕がありません。

このような状況を踏まえ、上記のご相談内容に対し当社が出した結論は、「若手社員を『経験から学び自ら育つ人材』に育てる」ことです。

今回の新プログラム発表会では、前半に北海道大学大学院・経済学研究科教授の松尾睦氏をお迎えし、「経験から学ぶ力の養成法」について語っていただきます。さらに後半では、研修とOJTにおける経験学習モデルの応用、集合研修における反転授業の導入など、若手社員の早期成長を推進するための手法をご提案します。

セミナーの内容

  • <第1部:基調講演>
    • 「若手の経験学習力養成」
      (北海道大学大学院・経済学研究科 教授 松尾 睦)
  • <第2部:新プログラムのご紹介>
    • 「集合研修と現場経験をリンクさせた若手社員の育成推進メソッド」
      (サイコム・ブレインズ株式会社 専務取締役 太田 由紀)

経験学習モデルを応用した「研修とOJTを分断させないしくみづくり」、映像教材を有効活用して受講者の積極性をうながす「反転授業」など、若手社員の早期成長を推進するための手法をご提案します。

参加者特典

本発表会終了後、アンケートにご協力いただいた方に松尾睦教授による新著を進呈いたします。

成長する管理職

『成長する管理職:優れたマネジャーはいかに経験から学んでいるのか』
(東洋経済新報社)

どうすれば優れた管理職を育て、自ら成長していくのか。多くのデータをもとに、管理職が学び成長する過程を分析した一冊。

経験学習とは?

人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べる、という考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼ぶ。組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイクルから成る「経験学習モデル」理論として提唱している。

反転授業とは?

学習の習熟度を高める手法。生徒は自宅で映像教材を視聴して予習。実際の授業では講義を行わず、従来であれば授業後に宿題とされていた課題などについて、教師が個々の生徒に合わせて指導する、あるいは生徒どうしが協働しながら取り組む。アメリカの小・中・高等学校で2000 年代初頭から導入され始めた。日本では、佐賀県武雄市の小学校が2013年11 月より理科と算数の授業で反転授業を試行することを発表した。

講師

松尾 睦

松尾 睦Makoto Matsuo

北海道大学大学院・経済学研究科教授

1988年小樽商科大学商学部卒業。北海道大学大学院修士課程、東京工業大学大学院博士課程修了。神戸大学経営学研究科教授等を経て、現職。

太田 由紀

太田 由紀Yuki Ota

サイコム・ブレインズ株式会社 専務取締役

一橋大学社会学部卒業。株式会社リクルートにて、中小法人の新規顧客開拓営業、及び求人広告媒体の編集制作を担当した後、ブレインズ設立に参画、創業メンバー。2008年10月のサイコム・ブレインズ株式会社設立とともに現職に就任。大手企業・教育団体向けのヒューマンスキル研修や営業研修のプログラムの開発、および講師を主業務とする。

開催概要

開催日時:
2014年11月28日(金)
時間
14:30〜17:00(受付開始:14:00)
会場:
秋葉原UDXカンファレンス6F Room E
101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
参加費:
無料
定員:
50名
受付締め切り:
2014年11月25日(火)
お問い合わせ:
サイコム・ブレインズ株式会社
担当:長尾/河上
TEL
03-5294-5573
メール
hpc@cicombrains.com