• HOME
  • イベント
  • 戦略遂行に向けた変革を推進する「組織文化診断プログラム」説明会

戦略遂行に向けた変革を推進する「組織文化診断プログラム」説明会

現在の組織は目標達成を支援している?
阻害している?

「組織の健康診断」から始める
組織変革のための効果的なプログラムをご紹介します。

組織文化とは、「ある組織のメンバーを他の組織のメンバーと区別する、集合的なプログラミング」です。このプログラミングは本来目に見えないものですが、組織のメンバーが持つ価値観や行動様式を客観的に把握し、それらを戦略遂行や目標達成に向けて変革することは、グローバル化やダイバーシティが進む企業経営において今後ますます重要となるでしょう。今回の説明会は、組織文化の専門家集団であるitim Internationalとの提携により、「組織文化を可視化するオンライン診断」と「変革のプロセスを支援するワークショップ」を組み合わせたプログラムをご紹介します。

以下のテーマにご関心のある方は是非ご参加ください

  • PMI(M&A後の組織統合)
  • チェンジ・マネジメント
  • ダイバーシティ・マネジメント(グローバル化を含む)
  • イノベーションを起こす組織づくり etc.

講座内容

  •  サイコム・ブレインズおよびitim Internationalのご紹介
  •  「組織文化診断プログラム」のご紹介
    • 企業経営における組織文化の重要性
    • 組織文化を読み解く8つの次元(切り口)
    • 組織文化診断でわかること
    • 事例紹介:診断結果の活用と変革の実践

「組織文化診断とは?」

「現在の組織文化」と「目標達成に最適な文化」を8つの切り口で数値化・可視化し、ギャップを明らかにすることで、組織の文化が「戦略遂行や目標達成を支援しているか」あるいは「阻害しているか」を診断します。

<組織文化診断の8つの切り口>
  1. 組織の効率性(結果と手段のどちらを重要視するか)
  2. 大切なのは誰か(組織内か、顧客か、社外ステークホルダーか)
  3. 仕事の規律(緩やか 対 厳格)
  4. 組織内の関心(上司/部門への忠誠か、自身の職務/専門的能力への忠誠か)
  5. 組織外への接し方(オープンか、閉鎖的か)
  6. 組織の経営哲学(従業員志向 対 仕事志向)
  7. 組織内の人々のリーダーシップ受容度
  8. 人と組織の一体感

<診断結果レポート>

fgi1

講師紹介

  • 宮森千嘉子

    宮森千嘉子Chie Kobayashiイティム ジャパン株式会社 代表

    青山学院大学文学部、英国 アシュリッシビジネススクール(MBA)卒。サントリー広報部でキャリアをスタート、その後ヒューレットパッカード、GEにて社内外に対するコミュニケーションとパブリック・アフェアーズを統括。これまでに20か国を超える国籍のメンバーと多様なプロジェクトを推進した実績を持つ。the hofstede centre認定マスタートレーナーとして、企業や教育機関などでの異文化適応トレーニング、講演実績を豊富に持つ。

  • logo

    itim International(イティム・インターナショナル)

    異文化と組織文化研究の世界的権威であり”Father of Culture”として名高いオランダのホフステード教授の理論をベースにトレーニング、コンサルティング、コーチングを提供。1985年、ホフステード教授とボブ・ワイスフィスの恊働によりオランダで設立。世界32カ国でitim Internationalの認可を受けた60名以上の異文化マネジメントと20名程の組織文化変革コンサルタントがグローバル企業、国際機関、政府機関などをサポートしている。

開催概要

開催日時
2016年11月11日(金)
時間
14:30-17:00
会場

CICOM BRAINSラーニング・センター
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7F

定員
30名
参加費
無料
受付締切
2016年11月7日(月)
お問い合わせ
サイコム・ブレインズ株式会社
担当:地紙(じがみ)/乙黒(おとぐろ)
電話番号:03-5294-5576
メールアドレス:gtd@cicombrains.com