職場の世代間ギャップとその克服 ~年上の部下とデジタルネイティブ世代の狭間で悩む中間管理職への処方箋~

職場の世代間ギャップとその克服

昭和、平成、そして令和へ。
各世代への偏見を解消し、違いを活かす。
ギャップをイノベーションにつなげる人と組織のあり方とは?

セミナー概要

定年延長の流れを受け、いま職場では、昭和生まれの「年上の部下」や平成生まれの「デジタルネイティブ世代」など、多様な価値観を持つメンバーのマネジメントに戸惑う40代、50代の中間管理職が増えています。

本セミナーは、職場における世代の多様性をイノベーション創出の起爆剤にするための、有益なヒントをつかむことを目的としています。スピーカーに、早稲田大学大学院経営管理研究科・長内厚教授を迎え、「損得で考える組織の多様性」をテーマに、国内外企業における事例を交えてお話し頂きます。セミナー後半では、今年サイコム・ブレインズが行った実態調査、ジェネレーションギャップが業務進行に与える影響*、及びメンバーの相互理解の妨げとなる無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)**を基に、令和時代のジェネレーションギャップ解決策を探ります。

多様な世代のメンバーが能力を最大限に発揮しイノベーションを生むために、いま何が必要か?現場からの声に、長内教授がアカデミックな視点で鋭いメスを入れます。

*【職場におけるジェネレーションギャップと無意識の偏見に関する調査結果】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000025337.html
**【世代間の「無意識の偏見」に関する意識調査】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000025337.html

イメージ

スピーカー紹介

  • 長内 厚 Atsushi Osanai

    長内 厚Atsushi Osanai早稲田大学大学院経営管理研究科教授

    京都大学大学院修了・博士(経済学)。ソニー、神戸大学経済経営研究所准教授を経て2011年より早稲田大学ビジネススクール准教授。2016年より現職。専門は経営戦略、イノベーションマネジメント。近年、ダイバーシティとイノベーションとの関係についても研究しており、経営戦略の観点からのダイバーシティについて講演多数。

  • 太田 由紀 Yuki Ota

    太田 由紀Yuki Otaサイコム・ブレインズ株式会社
    専務取締役

    一橋大学社会学部卒業。 株式会社リクルートを経て、 1986年ブレインズ株式会社を設立。 2008年にサイコム・インターナショナルと合併し専務取締役に就任。 同社人事の統括、及び ヒューマンスキル系研修プログラム開発の統括を担当する。 近年では、組織のダイバーシティ推進、及び女性のキャリア開発支援に力を注ぎ、ミドルマネジメントを対象とする「アンコンシャス・バイアス研修」などの企業内研修に多数登壇。

プログラム

講演 「損得で考える組織の多様性」

早稲田大学大学院経営管理研究科 長内厚教授

解説 「職場におけるジェネレーションギャップと無意識の偏見に関する調査結果」

弊社専務取締役 太田由紀

対談 「ジェネレーションギャップに苦しむ中間管理職はなにをすべきか」

早稲田大学大学院経営管理研究科 長内厚教授 ×弊社専務取締役 太田由紀

質疑応答

スピーカー・ゲストとの交流会  *お飲みものを手にご歓談ください。

ご参加対象者

  • 多様な世代が存在する企業の人事ご担当者
  • イノベーションを創出する組織に興味のある組織開発ご担当者、及び経営者
  • 広義のダイバーシティを早期に実現させたいダイバーシティご担当者

開催概要

開催日時
2019年5月20日(月)
時間
15:00~17:00(受付14:30~)
会場

CICOM BRAINS ラーニング・センター
東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル7F

定員
30名
受講料
無料
受付締め切り
5月15日(水)
お問い合わせ
サイコム・ブレインズ株式会社
ジェネレーションギャップ公開セミナー事務局
担当:今西・岸
電話番号: 03-5294-5573
メールアドレス:w-mgr@cicombrains.com

職場の世代間ギャップとその克服に関する資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当:今西/岸

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573
メールでのお問い合わせ
w-mgr@cicombrains.com