地方を舞台に、組織を巻き込むイノベーションの進め方を学ぶ越境型リーダー育成研修 in 飯豊町(いいでまち)

課題設定力、ダイバーシティマネジメント、レジリエンス…
異なる環境で多様な人々を巻き込みながら
イノベーションを起こす
リーダーに必要なスキルを磨く

イノベーションを起こすリーダーに必要なスキルを学ぶ

持続的な成長と差別化戦略としての「越境学習」

近年、組織の枠を越え、職場以外で学ぶ「越境学習」「越境型研修」が注目されています。
この背景には、将来やキャリアへの不安から社外で積極的に学ぶ、という個人としての動機もありますが、もう一つは「イノベーション」という、組織へのインパクトに対する期待があります。
急速に進む少子高齢化や人口減少を背景に、現在の日本は「課題先進国」と呼ばれています。

CSV(Creating Shared Value)では、従来のビジネスの枠を越え、自社の強みを活かして社会課題の解決に取り組むことでイノベーション、つまりこれまでになかったアイデア・事業・市場の発見、そして他社との差別化や持続的な成長につながるといわれています。

これからの組織に求められるイノベーティブ・リーダーを育成する

このような社会課題の解決やイノベーションの創出を牽引するリーダーを育成するためには、慣れ親しんだ環境から一歩外へ出て、価値観や思考プロセスが異なる多様な人々を巻き込みながら、議論し、考え、
行動する経験から学ぶことが必要です。本プログラムは、地方を舞台に多様な人々と関わり、イノベーションを起こす実践的メソッド「FORTH Innovation Method」のプロセスを体験しながら、イノベーティブなリーダーシップを身につけるプログラムです。

プログラムの特長

  1. FORTH Innovation Method:構造化されたイノベーション・プロセスを体験

    特に大きな組織においては、企業の文化や政治的な事情が課題解決やイノベーションの障壁となることが多くあります。本プログラムでは、そのような組織的な問題にも対応したイノベーションのプロセス「FORTH Innovation Method」の一部を用い、参加者の視野を広げ、様々な関係者を巻き込みながら課題解決を行う手法を身につけます。

  2. 「地方=課題先進地」を通して、将来のビジネス環境を体感する

    人口減少や超高齢化による「環境保全の担い手不足」「地場産業の衰退」など、地方には様々な課題が山積みとなっています。近い将来、都市部を含む日本全体、そしてあらゆる企業が直面する課題に「今、触れることができる」、それが「課題先進地としての地方」です。
    本研修で、地方の諸問題に触れ、その解決のために何をすべきか考えることで、課題設定力の強化につながります。

  3. 日常とは異なる環境でアウトプットを出す

    山形県飯豊町で行うフィールドワークでは、地域住民、現地企業、行政関係者など、現地の様々な人々の声を聞く機会を多く設けます。普段のビジネスよりもさらに多様なステークホルダーに接し、様々な企業から参加するメンバーと協働することで、属性や立場を超えたチームをマネジメントする力やレジリエンスを強化します。

受講対象者

  • 自社の将来を担うリーダー、およびその候補者
  • 多様なメンバーで構成されるチームをリードしていく必要のある方
  • イノベーション/事業の担い手として、組織変革力の強化が求められる方

プログラムの全体像/山形県飯豊町について

プログラムの全体像
フィールドワーク:山形県飯豊町
飯豊町は、山形県の西南部、最上川の源流部にある人口約7千人の町。総面積の約84%が山林で県内でも有数の豪雪地帯。2008年、自立的かつ持続可能な地域づくりを目指す町村によるNPO「日本で最も美しい村連合」に加盟。人口減少による過疎化、少子高齢化、雪対策、景観の保全といった課題に対して、住民主体による様々な取り組みがなされている。

実施イメージ

  • seminorList1飯豊町から「イノベーションの使命」の発表
  • seminorList2伝統的な田園散居集落の保全の理解
  • seminorList3町を理解するフィールドワーク
  • seminorList4町民へのヒアリング
  • seminorList5飯豊町の人たちも交えた課題の深掘りと特定
  • seminorList6課題に対するアイデア出し
  • seminorList7気づきを深める振り返り
  • seminorList8飯豊町へ成果発表

参加者の声

  • 今までと違う思考の枠を超える
    普段のビジネス上の課題ではない、土地勘のないテーマに、ビジネスの知見をもって解決に臨むことで、今までの思考や意識のジャンプさせ、大きく枠を超え考える体験ができた。 
  • 再現性の高いメソッドを習得
    FORTHイノベーションメソッドはステップごとの細かいことが言語化されているので、再現しやすく、実践しやすいメソッドと実感した。
  • 多様な人々を巻きこむ体験
    飯豊町役場の方々、多くの住民、起業した移住者などへのインタビューより、今までの常識やロジックを超えて、合意形成し、納得してもらう難しさを実践できた。
  • 強い当事者意識を持つことの大切さを実感
    地方の課題は切実であり、町の人々は受講者の取り組みに真正面から向き合ってくれたため、生半可は発表では許されない状況で、真剣に課題に取り組めた。
  • リーダーシップの発揮
    社内の整った環境(人間関係、考え方、習慣、組織文化など)なしで、自分がどこまでやれるのか試す場としては、最高の環境だと感じた。そのようなチャレンジの中で自分の強み弱みを発見することを希望する人に勧めたい。

講師紹介

  • 依田 真美 Yoda Mami

    依田 真美相模女子大学 学芸学部 准教授
    NPO法人「日本で最も美しい村」連合 資格委員

    津田塾大学学芸学部、MITスローン経営大学院卒業。経営学修士。クレディ・スイスにて、日本の産業・企業分析を証券アナリストとして手がける。その間に、企業派遣でMITスローン経営大学院に留学。その後、格付機関スタンダード&プアーズにて、東アジアの事業法人、自治体、公的機関格付部部長や証券化本部長を歴任。2009年にかねてから関心のあった地域活性化に取り組むため、北海道大学の博士後期課程にて観光学を学ぶ。2012年にSanca Process Designを立ち上げ、参加型の地域戦略策定や組織活性化に取り組んでいる。ケース・ウェスタン・リザーブ大学Appreciative Inquiry資格コース修了。FORTHイノベーションメソッド認定マスターファシリテーター。

    講師インタビュー 依田 真美

開催概要

開催日時
STEP 1 2019年9月20日(金) 13:00~17:00
@ Cicom Brainsラーニング・センター
STEP 2 2019年10月2日(水) ~ 2019年10月4日(金)
@ 飯豊町にてフィールドワーク
STEP 3 2019年10月11(金) 9:00~17:00
@ Cicom Brainsラーニング・センター
STEP 4&5 2019年10月31日(木) ~ 2019年11月1日(金)
@飯豊町にて成果発表会
会場

Cicom Brainsラーニング・センター
東京都千代田区外神田1-18-13
秋葉原ダイビル7F

定員
20名
受講料
450,000円(税別/教材費、宿泊費、現地交通費、一部の食費込み)
【早期申し込み割引】
2019年5月30日(木)までにお申し込みいただいた方: 400,000円(税別)
受付締め切り
2019年8月30日(金)
お問い合わせ
サイコム・ブレインズ株式会社
越境型リーダー育成研修 in 飯豊町 事務局
担当:宮川/奥本
電話番号:03-5294-5573
メールアドレス:p_product@cicombrains.com

越境型リーダー育成研修 in 飯豊町のお申込み


お申し込みはこちら
※申し訳ございませんが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。

越境型リーダー育成研修 in 飯豊町に関する資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当:宮川/奥本

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com