女性管理職 育成プログラム〜リーダシップ構築編(全4回)〜

管理職として自信を持ってチームを牽引するために、
自分の「武器」を獲得する

「女性管理職 育成プログラム」(2016年度)受講者インタビュー

  • Azechi Noriko

    所長としてのマインドセットやビジョンをしっかりと
    準備して、自信をもって着任初日を迎えることができた。
    上倉 朋子 様

    日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
    営業本部 関西支店 堺営業所 所長

所長になるなんて、全く考えていなかった

―上倉さんは、社内のリーダー育成プログラムの対象者に選抜されて、そのプログラムの一環として本講座を受講されました。そもそも上倉さんは、選抜される以前から管理職を目指していたのでしょうか。

自分が所長になるなんて、まったく考えていませんでした。過去に所長や支店長から、私にその意思があるかを聞かれることが何度かあったのですが、「なりたくない」と全部断っていました。社内プログラムのための面接でも、あろうことか営業本部長の前で2回も断っているんです(笑)。

理由としては、そもそも自分が所長になっている姿を全く想像できなかったんです。弊社ではフィールドの管理職である所長に女性がまだまだ非常に少ないこと、また男女を問わずここ5年くらいの間に所長職が大変多忙になっていて、「所長になったら管理の仕事に忙殺されて、自分のやりたい仕事ができなくなるのではないか」という不安もありました。

―管理職になることに不安を持っている状態だと、講座の受講に対しても不安になると思います。上倉さんご自身は、どんな気持ちで講座に臨みましたか。

私の場合は、「管理職がイメージできないのなら、強制的にマインドセットしてもらおう」という気持ちで講座に臨みました。それと私は他の業界の話を聞くのが好きなので、様々な人とつながることができるのを純粋に楽しみにしていました。


他の受講者の方は、既に管理職として走り出している方が多かったので、他業界の話を聞けただけではなく、管理職としての悩みや失敗談もたくさん聞くことができました。しかし不思議なもので「やっぱりやりたくない」とは思いませんでした。それは何故だろう?と考えたのですが、同じ女性どうしだからこそ身近な参考例として受け止めることができたのかもしれません。男性からそういう話を聞かされていたら「やっぱり管理職って大変だな」と思っていたんじゃないかなと想像します。

“理想の所長像”って? …自分を軸に考える

―実際に講座を受講して、目標としていたマインドセットはできたでしょうか。

マインドセットに関しては、第1回目で学んだ「PM理論(※)」が、今後の自分のあり方を考えるきっかけになりました。私は自分自身について、コミュニケーションを重視する「M」が強い方だと思っていました。でも、講座の中で身近にいるM型の人を書き出してみると「そういう人になりたい」とは意外と思わなくて、かといって業績志向の「P」だけの人にもなりたくない。じゃあ、どうせなら究極の理想である「PM型」を目指した方がいいんじゃないかと、そのときはじめて感じました。

(※)PM理論
心理学者の三隅二不二(1924-2002)が提唱したリーダーシップ理論。リーダーシップはP(Performance:業績志向)とM(Maintenance:人間関係志向)の2つの要素で構成され、その要素の大小によって4つの型(PM型/ Pm型/pM型/pm型)があるとするもの。PM理論においては、PとMの両方がともに大きい状態、つまりPM型のリーダーシップが望ましいとされる。

この講座を受ける前に、社内プログラムで「理想の所長像」について考える機会があったのですが、社内でフィードバックを受けるたびに現実を突きつけられるような気持ちになり、「理想なんて、皆好き勝手に言うけど、実現不可能なのでは?」と感じていました。それはおそらく、理想の「軸」というものを、会社や他者を中心に置いていて、自分を軸に置いていなかったんだと思います。PM理論を通して自分を軸にして考えるようになったら、理想というものが自分の手元に戻ってきた感覚で、「自分はこうなりたい、こんな営業所をつくりたい!」と、考えることがすごく楽しくなりました。とても不思議な体験でした。

また講座の第3回目で「管理職としてのビジョン」と「ビジョンを実現するためのシナリオ」を考えましたが、その内容はもう自分の中でしっかりと固まって、腹落ちしていました。講座から約半年後に所長として現場に出た初日にも、内容を変えることなくそのままメンバーに伝えました。着任する前にこの講座でしっかり考えたことで、「自分にはコレがある」という自信を持って現場にいくことができたと思います。

「自分は変われる」という気づき

―所長としての理想像やビジョンの他に、この講座で得たものはありますか。

太田講師から「この講座で何を学びたいか?」と聞かれたときに、皆様々な悩みや不安を口にしていました。それに対して皆で考えたり、アドバイスをもらったり、講座の中でしっかりと対応していただけたことがよかったです。また、様々なスキルを教えていただいたことで、良い意味で「したたか」になれたと思います。私の業界で女性の所長というのはまだ珍しくて、そういう中で生きていく知恵、ダメージを少なくする知恵をもらうことができました。女性管理職という言葉はあまり好きではないのですが、今はコミュニケーション能力の一つとして「女はかわいげだ」と素直に思っています。女性らしい管理職になりたいので、その理想を追求してみたいです。

もう一つは、「自分がこんなに変われる人間だったんだ」と気づいたことですね。講座の中でも「River of Life」というワークに取り組みましたが、東日本大震災を茨城で経験した前と後では人生が変わりましたし、社内プログラムにアサインされたこと、所長として着任したことを通して、大きく自分が変わり、そのたびに成長できたと思います。今は前向きに生きることが楽しくて、それを周囲の人にも語れるようになりました。「管理職になんてなりたくない」と思っていた人間がここまで変われる、ということに気づけたのは、大きな収穫でした。

「見たことがない景色」を見てみたい

―実際に管理職として走り出してみて、新たな気づきとか、気持ちの変化はありますか。

この講座の最初に、私は「自分に自信が持てない」と言っていたと思います。でも実際に現場に出て、営業でメンバーと同行したりすると、「自分は結構ちゃんとやってこれてたんだな」「ちゃんと成長できてたんだな」ということに気づきました。そういう風に思えると、上司とか支店長とか、これまで自分を見てくれていた人への感謝の気持ちが湧いてきます。自分でも不思議なのですが、所長という肩書は付きましたが、虚勢を張ることもないですし、「肩書に追いつかなきゃ」という焦りもありません。今の自分に合ったふるまい、等身大の仕事をしたいと思っています。メンバーに対しても、思い通りにいかない場面、あるいは「もっと勉強して欲しい」と感じる場面も実際多いのですが、ついカッとなって怒るということもなくて、丁寧に教えることができていると思います。

―今後のキャリアについては、どのようなビジョンを持っていますか。

正直、「将来をイメージできない」というのは、今もあまり変わりません。具体的に「このポジションにつきたい」というのも、今のところはありません。しかし、そのことに焦りを感じる事はなくなりました。そして管理職になったことで視座が上がり、「もっと見たことがない景色を見てみたい」と思うようになりました。私自身、もっと変わりたいし、変われると思っていて、これからも働き続けたい、というビジョンは持っています。そのためにも、周りとの関係を大切にしながら、まず自分自身が毎日元気で笑顔でいられるような働き方で仕事を続けたいと思っています。

女性管理職 育成プログラム〜リーダシップ構築編(全4回)〜
のお申込み


6月期のお申し込みはこちら
※同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。

女性管理職 育成プログラムに関する資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当:太田/乙黒

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573