営業部門の強化営業指導育成力強化

面談スキル(HPC®)強化のためのOJTを推進する

プログラムの狙い

  • 上司やリーダーは培ってきた面談ノウハウを分解し
    提案営業スキル指導を容易にする。

面談スキルを職場で指導し、営業組織全体への面談スキル定着を図ります。

プログラムの特徴

  • 面談原則のフレームワークを通じ有効な面談について営業の誰もがわかりできるようにする営業研修

営業のノウハウは暗黙知(個人に内在する勘やコツ)になりやすいものです。営業マネジャーや育成担当者が持つこの暗黙知を、新人や若手の営業パーソンに具体的にわかりやすく伝授することが大切です。暗黙知をはっきりとさせてOJTを推進することが、業績向上を早期に実現させることになります。

本研修では、営業活動における「商談の三原則HPC®」を営業メンバーに徹底するために、この原則をフレームワークとして自社の営業ナレッジを明確にしていきます。そして、職場内での効果的なロールプレイの手法を学び、OJT計画を立案していきます。

<HPC®をフレームワークとした営業ノウハウの共有化>

研修プログラム<例>
効果的な面談スキル指導の実践の定着を
狙った営業研修プログラムを設計

学習内容
  • オリエンテーション

  • 営業OJTの現状認識と方向性確認

    <グループ討議・ロールプレイ>
  • お客様中心の営業を目指して

    <講義>
  • HPC®ロールプレイとフィードバックの練習

    *OJTツール使用

    <ロールプレイ、フィードバック>
  • 続・HPC®ロールプレイとフィードバックの練習

    <ロールプレイ、フィードバック>
  • 他のOJTツールの活用方法

    <講義、実習>
  • OJT計画書の作成

    <講義、実習、グループ討議>

このコンテンツに関する資料請求・お問い合わせ

このコンテンツの詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573