提携・M&Aの戦略と財務

提携・M&Aの戦略と財務
~財務の基本を理解し、経営戦略との関わりを学ぶ~

本科目は経営上の意思決定における財務的な側面に焦点をあて、投資と資金調達そして、提携やM&Aなどの経営戦略にかかわる問題をとりあげます。
カネという経営資源の調達と利用の実際についてより深い知識を得るとともに、財務の視点で、事業全般を理解・分析する力を養います。

講師からのメッセージ

寺石 雅英 MASAHIDE TERAISHI

業績が極端に良い会社と悪い会社、あなたならどちらの会社を買収しますか?前者を選ぶ方が圧倒的に多いと思いますが、これはほとんどの場合望ましくない結果をもたらします。なぜなら、良い会社は買い手が殺到して過大評価になることが多く、悪い会社は皆が敬遠して過小評価となることが多いからです。買うなら後者です。
このように重要なのは真の価値を評価すること(バリュエーション)なのです。それよりも安く買えば儲かるし、高く買ったのでは儲かるわけありません。本科目では、バリュエーションのスキルを磨くことを通じて、投資プロジェクトやM&Aなどさまざまな戦略的局面での合理的な意思決定のあり方を追求していきます。

得られる効果

  • 投資や企業買収など様々な局面で企業価値の向上を目指した考察や判断ができるようになります。
  • 財務戦略やM&Aなどの経営戦略について議論できるだけの知識が身につきます。

こんな方にお勧めします

  • 管理職で会計・財務分野に苦手意識のある方
  • 今まで会計・財務を学ぶ機会が無かったが、一度しっかり学んでおきたい方
  • マネジメント職を目指す方

各クラスの内容

クラス テーマ カバーする内容 映像講義視聴、事前課題
1

投資価値評価の方法/
投資キャッシュフローの見積り

■ 投資プロジェクトの評価
テクニック
■ 投資プロジェクトのリスクと割引率
■ キャッシュフロー見積りの
留意事項

・投資価値評価の方法
(約110分)

2

資本コストの推計/
企業価値評価(1)

■ CAPMによる株主資本
コストの推計
■ 負債コストの推計
■ 加重平均資本コスト(WACC)の求め方
■ 企業価値評価の方法

・資本コストの推計(約70分)

3

企業価値評価(2)/
外部成長戦略と財務

■ 資本提携、合併、株式買収、
会社分割に関わる財務
■ 買収価額の算定

ざっくり分かるM&A(約75分)
【事前課題】
 ケースリーディング

クラスの進め方【反転授業】

クラス参加前に、定められた範囲の映像講義を視聴し、疑問点を明らかにしてクラスに臨みます。各クラスでは受講者同士が疑問点を共有し、教え合い、その後、受講生からの質問を中心に、講師が解説講義を行います。続いて、テーマにそったグループによる演習を行い、学んだ内容をよりビジネスの現場で活用できるようにします。また、受講生が抱える個別のご質問にもお答えしていきます。
受講者の声
終了時点でのゴールを聞かせてください

- 自社の経営状況がつぶさに分かるようになる

- 財務諸表を見て、自社の状況を客観的に見たり、同業他社との相違点を分析できるようになりたい

- 研究テーマの意思決定への活用

- 会計・ファイナンスの考え方を体系的に理解する

- 新規事業や投資の優劣が判断できるようになる

- ファイナンスレポートを評価できるようになりたい

- 会計、キャッシュフローの仕組みが分かるようになる

- 決算書分析が独力でできるように

この科目のよかった点を教えてください

- 初歩から学べ、一通りの知識を得ることができた事

- 分かりやすいし、大事なポイントが印象に残るような解説になっている。また、飽きないように雑談が適度にはさまれているのも良かった

- 馴染みのない分野であったが、とっつき易くすんなり入ることができた

- 実例を入れた説明が多くあること

- 財務諸表を様々な角度から読む方法を学べた

- とにかく説明の話が面白い!

- 実務者のエッセンスをいたるところに入れていただいたところ

- 理論だけでなく、実践的なのが良い。寺石先生の解説が分かり易く面白い

- 業務に活かせる経営指標、財務指標を分かり易く説明いただけた

- 具体的事例をもとにファイナンスの面白さを感じることができた

- 普通の会計・ファイナンスの講義と違い、ユーモアがあふれ、理解しやすい点

どのような学びが得られましたか?

- P/Lばかりでなく、B/Sの理解が深まった。大変勉強になりました

- 財務三表がどういったもので、それらをどのように使えば企業価値が求められるか体系的に学べた

- プロジェクトの価値判断に応用していける

- 自社、自部門や他社の分析に、財務諸表の読み方が役立つ

- 企業が生み出す価値について考える手法を手に入れた

- 企業価値の算定法などは、まったく新しい知識として学べた

- 資本コストや企業価値など用語のみ先行していたことが本質的にどういうものなのか理解できました

どのように活用しますか

- 財務諸表を見て、他社との比較分析で活用する

- プロジェクトの開始決定、要否判断の際に、価値評価手法を活用する

- 将来、投資案件に携わった際に、バリュエーションを判断基準として活用したい(相手の話を鵜呑みにしない、自分の考えを相手に分からせる)

- 投資価値評価の手法を自部門の開発投資評価に活用する

- 当社の理論株価を算出し、本当のフェアバリューがどの程度の株価なのか自分なりに理解したいと思います

- 今、担当している商品を他社に売るとしたらいくらで売るかを検討している