新規事業創造(事業発想力強化編)

新規事業創造(ビジネスモデル構築編)とのセット受講をお勧めします。

新規事業創造(事業発想力強化編)
~事業作りの基本をステップバイステップで身につける~

本科目では、事業機会につながる魅力的なアイデアの発想法から、事業コンセプトの固め方、誰に何を提供するかという顧客への提供価値(バリュープロポジション)を明確にしていくやり方についてステップバイステップで学んでいきます。顧客への提供価値は新規事業の創造だけでなく、既存事業の見直しにも共通する極めて重要なポイントです。
また、顧客を理解する新しいアプローチについても学び、ニーズの仮説を「確信」に高めるための検証方法を身につけていきます。

講師からのメッセージ

秦 充洋 MITSUHIRO HATA

事業創造において最も多くの相談を頂くテーマが、既存事業の延長線上ではない事業をどう発想したら良いのか、という点です。どうしてもこれまでの経験や資源に囚われてしまったり、かといって思い切って飛んだ発想をしてみても現実感に乏しく踏み込みきれない・・・。

この講座ではどうすれば世の中の流れや自社の資源を踏まえた新しい事業を発想できるのか、発想したあとに必要なアイデア深掘りや絞込みと検証について、体系だったアプローチと豊富な事例で習得していきます。

※本科目は小橋 貴之講師と2名体制で行います。

得られる効果

  • 事業アイデアの様々な発想法が身につきます。
  • 事業アイデアを事業コンセプトとしてまとめ上げるスキルが身につきます。
  • 顧客視点で、製品・サービスの提供価値を考えられるようになります。

こんな方にお勧めします

  • 現在、新規事業開発に従事している方
  • 近い将来、新規事業開発に携わる可能性がある方
  • 新規事業開発をサポートする部門に属する方

各クラスの内容

クラス テーマ カバーする内容 映像講義視聴、事前課題
1

事業アイデアの発想法

■ 組み合わせ法、クロストライアル
■ アイデアワークショップ

・事業アイデアの発想法
(約40分)

2

顧客への提供価値

■ セグメンテーション
■ ターゲティング
■ ポジショニング
■ バリュープロポジション

・顧客への提供価値
(約40分)

3

顧客理解の新しいアプローチ

■ リーンスタートアップ
■ 効果的仮説検証法
■ 顧客の行動、判断プロセスツール
■ プロダクトとマーケットのフィット

・顧客理解の新しいアプローチ
(約40分)

クラスの進め方【反転授業】

クラス参加前に、定められた範囲の映像講義を視聴し、疑問点を明らかにしてクラスに臨みます。各クラスでは受講者同士が疑問点を共有し、教え合い、その後、受講生からの質問を中心に、講師が解説講義を行います。続いて、テーマにそったグループによる演習を行い、学んだ内容をよりビジネスの現場で活用できるようにします。また、受講生が抱える個別のご質問にもお答えしていきます。
受講者の声
本科目の良かった点は?

- 実践することでしか身につかないことを実践しながら学ぶことが出来た

- 顧客アプローチの新潮流など、現在の業務へ活用できる考え方を学べたことは、非常に良かったと感じました

- 参加者のいろいろなアイデアに触れることができておもしろかった

- 新規事業の発想にとどまらず、それをどのように成長させていくかについて学べたこと

- 発想法の基本的な考え方が理解できた。事業構築の流れが理解できた

- フレームワークや考え方(ステップ)が簡潔にまとまっており、わかりやすかった

- グループワーク中心で、深い理解につながった

- 今まで他人任せにしている分析を自分で行う機会を頂くことができ、今後自社の事業がどうあるべきか考え始めることが出来た

- 映像による予習と、クラスでの演習で、効率よく学習できたと思う。また、クラスの前に疑問点に対するコメントの配慮があった

- 事業の発想法について学べたのと、実際に新規事業を立案する課題を実施した点

- 他業種の方と討議ワークをさせていただき、日常業務ではおもいつかない発想や課題に気づくことができ、また、実際の業務にフィードバック可能な着眼点も得られた

どんな学びが得られましたか?

- 新しいビジネスコンセプトの作り方、考え方。今の業務と悩むポイントはそれほど違いはないこと

- 今まで漠然と捉えていた「やらなければならないこと」を具体化し、社内で提案できるようになってきた

- 事業企画の基本的な手法、考え方、使い方などを理解することが出来た

- 今まで漠然とおこなっていた仕事が、「事業」という大きなワクの中でイメージできるようになった

- 顧客のニーズが本当は何かということを深く考えられるようになった。今までまったく考えていなかった部分に問題を見つけることが出来た

- 事業アイデア(研究アイデア)を元に、具体的なモデルにしていく所とりわけ、顧客の理解、ニーズの分析、検証などとても参考になる

- 業務で発生するシーンや課題をイメージして取り組むことで、業務シーンでの活用イメージが持てた

得た学びをどのように活用しますか?

- 研究開発しているような技術などについて、どういう価値をどうみせるか?といった時に今回の考え方を活用したい

- ターゲットの選択法などを具体的なビジネス立ち上げで活用したい

- 新たなビジネスを考える際に、人の集め方、議論の進め方は参考にしたい

- 機能的価値だけを伝えるだけでなく、心理的価値を最大限に顧客に伝えることを念頭に資料制作に取り組む

- 発想することを自身の仕事で活かしていきたい

- 自分の検討している案件をもう一度分析するために、学んだことを用いる、そして、新しい提供価値を出せるように活用する

- 現状の業務に対して、あらためてポジショニングとターゲティングの考え方を活用する

- 学んだフレームワークを新規事業検討で活用する

- 顧客の価値分析を是非事業展開検討で使いたい(ポジショニングマップも活用できるようにしたい)

- 事業発想法を新規ビジネス検討で活用する

- 顧客視点の想像を深めるための、カスタマージャーニー手法や、その他のツールの活用など

クラス・講師について

- 初めて受講させていただきましたが、大変面白く参考になるお話をたくさん聞かせていただきました。ぜひ実務に取り入れていきたいと考えております

- 具体的事例が多くわかりやすかったです

- 話が分かりやすい。整理して話してくれる

- 分量として丁度良いと感じました

- 一つ一つの質問に丁寧に答えていただき、勉強になりました