新規事業創造(ビジネスモデル構築編)

新規事業創造(事業発想力強化編)とのセット受講をお勧めします。

新規事業創造(ビジネスモデル構築編)
~事業アイデアを儲かるビジネスに仕立て上げる~

事業アイデアをビジネスに仕立てあげるには、ビジネスモデル=儲けの仕組みが必要です。本科目では、顧客への提供価値を実現し、収益を得る仕組み作りをステップバイステップで習得します。
また、世の中に存在している多種多様なビジネスモデルを事例を交えながら学ぶことで、自身のビジネスや新規事業に応用する引き出しを増やしていきます。

講師からのメッセージ

秦 充洋 MITSUHIRO HATA

新しい事業を成立させるポイントが「ビジネスモデル」です。儲かる仕組みを組み込むことはもちろん、一見難しそうな事業アイデアを実現させたり、参入障壁を築いたりするためのさまざまな工夫や考え方が必要になります。

この科目では、どうすれば思いついたアイデアを儲かるビジネスに組み上げることができるのか、それを組織内外に展開して巻き込んでいくにはどうすればよいのかなど、各プロセスとそこでのポイントについて、豊富な事例をもとに体系的に解説します。

※本科目は小橋 貴之講師と2名体制で行います。

得られる効果

  • 事業アイデアをビジネスモデルに落としこむスキルが身につきます。
  • 事業特性に適した収益の獲得方法をデザインできるようになります。

こんな方にお勧めします

  • 現在、新規事業開発に従事している方
  • 近い将来、新規事業開発に携わる可能性がある方
  • 新規事業開発をサポートする部門に属する方

各クラスの内容

クラス テーマ カバーする内容 映像講義視聴、事前課題
1

ビジネスモデル

■ ビジネスモデル類型
■ 利益を生み出す基本モデル
■ ビジネスモデルの構築

・ビジネスモデルとは
(約30分)

2

バリューチェーンの構築
~儲けの仕組みを作る~

■ マーケティングの設計
■ オペレーションの設計
■ 外部調達の検討

・バリューチェーンの構築
(約40分)

3

マネタイズとキャッシュフローモデル ~儲けの構造を作る~
新規事業の組織展開

■ マネタイズモデルの構築
■ キャッシュフローモデルの
構築
■ 組織展開のコツ
■ 人を動かすエッセンス

・マネタイズとキャッシュフローモデル
(約40分)

クラスの進め方【反転授業】

クラス参加前に、定められた範囲の映像講義を視聴し、疑問点を明らかにしてクラスに臨みます。各クラスでは受講者同士が疑問点を共有し、教え合い、その後、受講生からの質問を中心に、講師が解説講義を行います。続いて、テーマにそったグループによる演習を行い、学んだ内容をよりビジネスの現場で活用できるようにします。また、受講生が抱える個別のご質問にもお答えしていきます。
受講者の声
本科目の良かった点は?

- 事前にビデオで予習し、参加者の方々と意見交換してから講義を受けることができた点が良かったです。またワークで色々なアイデアを出し合うことで大いに刺激を受けました

- 日々の業務にすぐに活かせる実践的な内容で大変勉強になりました

- グループミーティングおよび発表の時間がある程度あり有意義だった

- 具体的なビジネスモデルの組み立て方を事例を多くまじえて学ぶことが出来た点。異業種の方々と議論しながら、学びを深めることが出来た点

- ビジネスの具体化の方法について、実例なども交えながらかなり具体的に知ることができた

- フレームワークや考え方(ステップ)が簡潔にまとまっており、わかりやすかった

- 具体的で実践的どのような順番で考えていけばよいか様々な例で示されることで理解が深まった

- 異なるビジネス背景の方と議論することが出来、様々な視点でモデルを見ることが出来た

- 実践的でとても分かりやすい実例が豊富

- 事業を構築していくための、具体的なステップがイメージできるようになったこと

- 事業計画(ビジネスモデル)の作り方をステップバイステップで具体的に学べたところ

どんな学びが得られましたか?

- 世の中のビジネスの仕組みの見方が変わった

- これから技術の売込みを考えているが、その立案をしやすくなった

- 新規事業を展開する上での方法論と留意点

- 自分が検討している案件を多角的に見ることができた。多角的に見る方法を学べた

- ビジネスモデルを構築する上で考えなければならないこと、どうやって考えていけばよいかを学べた

- 事業構造変革・改善の可能性・選択肢を網羅的に学べたと感じています

- 今まで社内で取り込んでいるデバイスの進め方で近い部分、正しくない部分が分かり、今後の進め方にフィードバックしたい

- みなさんの業務上の課題に対する対応について参考になりました

得た学びをどのように活用しますか?

- フェルミ推定は市場規模の推定に即活用できる

- 研究テーマ立案の段階から、マネタイズ/キャッシュフローを意識して取り組む

- ビジネスモデルキャンパスを研究開発の案出しの際に活用する

- ビジネスキャンバスがアイデアを整理するのに使えると思います

- 今回学んだ事業構築の5ステップを実際の新規ビジネス検討の場で活用する

- 新しい取り組みに対して、経済的背景(マネタイズモデル)をふまえ、社内で提案できる

- 現在、研究開発中の技術を社内外に展開し、ビジネス化して行く際に活用したい

- 取り組んでいる仕事に対して、ビジネスモデルを構築するときに、今日の知識を活用する

- マネタイズやキャッシュフローの考え方を、現在の仕事に反映し活用する

- マネタイズの観点を、新ビジネスサービス案の自らの検証の際に活用し、自らの補正に活かしたい

クラス・講師について

- 大変わかりやすい講義でした前回からシリーズで受講し、より深く学ぶことが出来ました。ありがとうございました

- とてもわかりやすく、かつ高度でためになりました

- 先生のしゃべり方は非常に分かりやすく、また、分からないところにも丁寧に説明していて良かった

- 説明、事例が適切で分かりやすかった