企業研修

周到に問題分析し、コミュニケーションの説得力を高めるロジカルシンキング研修

ねらい

【対象者:全職種のビジネスパーソン】
本コースでは、事例演習を通じ、ロジカルシンキングの基本スキルの自己の不足点を振り返りつつ、問題解決とプレゼンへの応用スキルを身につけます。参加者が本コースを通じて、情報分析による抜け、漏れのない考えを学び、提案内容に説得力がでることを目指します。

特徴

  • 問題にぶつかったとき、場当たり的な対応をするのではなく、周到かつ本質的に考えることで、問題解決の精度をあげ、仕事の効率を高める。
  • 多くの情報の中から有益な情報を選択し、相手の立場にたち、わかりやすく整理し伝えることで、コミュニケーションの効率があがり、お互いのコミュニケーションコストを低減することができる。

研修プログラム<例> (形式:講義、討議、ケーススタディ)

1日目 2日目

1. ロジカルシンキングについて

  • ・ロジカルシンキングの用途
  • ・ロジカルシンキングの基本
  • ・論点、枠組、論理の基本、因果関係

4. 構造的に考える1-MECE・ロジックツリー(続き)

  • ・解決案を考える

2. 問題解決の基礎

  • ・問題解決のプロセスとは
  • ・MECE(分解の技術)とは
  • ・演習:問題発見のロジックツリー演習
  • ・問題解決のロジックツリー演習

5. 構造的に考える2-ピラミッド・ストラクチャー

  • ・ピラミッド・ストラクチャーのイメージ
  • ・ピラミッド・ストラクチャーの有効性
  • ・ピラミッド・ストラクチャーの作成手順

3. 構造的に考える1-MECE・ロジックツリー

  • ・課題の種類
  • ・課題解決のプロセス
  • ・課題の分解、特定

6. PS応用演習~課題1(学び&実感)

  • ・相手に伝わる構造とは
  • ・個人作業(PS作成)
  • ・グループ内発表&フィードバック(FB)
お問合わせ・資料請求在中日系企業の研修企画から運営・実施に至るまでお気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

86-21-6841-3005

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ

PAGETOP

Shanghai

7th Floor, Hang Seng Bank Tower,1000 Lujiazui Ring Road, Pudong New Area,Shanghai 200120,China

Shanghai
+86-21-6841-3005
+86-21-6841-3028
Tokyo Japan
+81-(0)3-5294-5576
+81-(0)3-5294-5578