コラム&レポート

  • HOME
  • 実績
  • コラム&レポート
  • タイ人ビジネスパーソンのための異文化適応トレーニング 公開講座 レポート
2016年11月25日report
タイ人ビジネスパーソンのための異文化適応トレーニング
公開講座 レポート
  • pics1

サイコム・ブレインズUBCLでは、2016年11月25日(金)に、「タイ人ビジネスパーソンのための異文化適応トレーニング 公開講座」をバンコク中心部のホテルで開催しました。

当講座の目的は、タイ人社員が、日本人(の赴任者あるいは上司・同僚、もしくは取引先)との間で生じる誤解や摩擦の要因となる「文化的な価値観の違い」を理解し、日本人とのスムースなコミュニケーションの取り方を学ぶことです。

講座を担当するのはタイに20年在住し、タイと日本の価値観の違いを熟知するサイコム・ブレインズインストラクターの河島久枝講師です。レクチャーは、世界的権威ある実証研究(ホフステードの6次元モデル)に基づく客観的なデータ・数値をベースに展開され、講師自身の経験や独自のリサーチに基づいた豊富な事例を交えながら、タイ語できめ細かい指導・アドバイスが受けられる講座として、受講者の満足度も非常に高い、たいへん効果的なプログラムとなっています。

ここで、講座当日の様子を少しご紹介します。当日は、セルフアセスメントによる診断で自身の文化的価値観を客観的な数値で認識した後、改めて日本の文化や風土、歴史、教育制度や特徴などについて学びました。その後、過去にあった出来事の原因をホフステードの6次元モデルの指標に基づいて深く理解し、納得することで、日本人に対する疑問が解消されるとともに、タイ人と日本人との間に起きやすい問題を想定しながら、スムースに日本人と仕事を進めることができるようになります。

講師は、レクチャーや、豊富な事例紹介、演習を通じて、「報連相」「日本人上司との関係」「責任や約束」「タイムマネジメント」といった日本人とのコミュニケーションにおいて重要なポイントを理解し、職場で実践できるようタイ人受講者を導いてゆきます。

事務局スタッフとして参加者の皆さんと講師のサポートをさせていただく中で、序盤は比較的静かな立ち上がりでありながら、講師からの問いかけに素早く反応し、レクチャーをしっかり理解した活発な発言・議論が繰り広げられるなど、熱心に受講している参加者の方々の様子が、とても印象に残っています。

受講者の方からは
「今日の研修で初めて日本人の上司がなぜ報連相を重視するのかよく分かったし、報連相にどんなメリットがあるのかも理解できた」
「この研修を地方の工業団地でもやって欲しい。ぜひほかのタイ人にも聴いてもらいたい」
といった大変ポジティブなコメントをいただきました。

このコースで学んだ「異文化理解と適応」の基礎を、これからの日本人とのやり取りのなかで実践し、ぜひ成果に繋げていっていただきたいと思います。

次回の「タイ人ビジネスパーソンのための異文化適応トレーニング 公開講座」は2017年5月26日(金)の開催を予定しています。また、「日本人赴任者のための異文化適応トレーニング 公開講座」は2017年3月10日(金)の開催を予定しています。皆様にお目にかかれるのを楽しみにしています。

最後に、今回のご参加者のアンケート結果をご紹介します。ぜひ参加・派遣をご検討ください。

参加者プロフィール

figure2

参加者の満足度

figure

受講者の声(一部抜粋)
  • 日本文化や、タイ人と日本人の価値観の違いを理解し、職場で協働できるようになりたくて参加した。日本の文化や日本人の特徴を理解することができた。特に、日本人が職場において、どういった行動を期待しているのか(正直さ、約束を守ること、責任感、報連相)を理解することができた。日本人上司から今まで以上の信頼を得て、双方がよい仕事をするにはどうしたらよいかが分かった。
  • 講師のプロフィールを見て、ぜひこの人から学びたいと思った。
  • 日本人の上司から日本人との仕事の仕方について学んできてほしいということで参加した。講師の解説は非常にわかりやすく、豊富な演習もあり、退屈することなく、受講できた。日本人の仕事に対する考え方をよりしっかりと理解することができた。日本人とタイ人が互いに理解し、誤解や摩擦を減らすために、今日学んだ内容を職場で説明したいと思う。
  • 日本人と仕事をするにあたり、誤解を回避したくて参加した。日本人の考え方や文化を理解することができた。今日学んだことを明日からすぐ使える。バンコクだけでなく、地方でもこうした公開講座をぜひ開催して欲しい。
  • 日本流の考え方が仕事の進め方を遅くすると感じており、職場での日本人の行動を理解したくて参加した。日本人の行動の理由、仕事において何が求められているのかを理解することができた。
  • 日本文化を理解し、考え方や行動の理由を理解するよう会社から指示をうけて参加した。日本人上司とどのように仕事を進めたらよいかを理解することができた。職場でのより適切な振る舞い、報告の仕方など、非常に細かくアドバイスをいただき、大変勉強になった。とても役立つ内容で、すぐに使うことができる。

異文化におけるコミュニケーション上のリスクをマネジメントする

サイコム・ブレインズでは、グローバルに活躍する人材に必要なスキルを以下の3つと定義しています。

  • ・担当する職務領域における高い専門性(=プロであること)
  • ・コミュニケーション力
  • ・異文化への適応力


これらの中でも、円滑にビジネスを進めるために“異文化への適応力”を持つことが非常に重要であると考えています。

各国の価値観と本人の価値観の“差異”から生ずる「コミュニケーション上のリスク」は数値化が可能です。リスクの程度を数値化して客観的に認識すること、そうしたリスクをマネジメントするノウハウをフレームワークに落とし込んで理解し、対処法を学んでおくことは、事業のグローバル展開とビジネスの成功を目指すための、即効性のあるソリューションであると弊社は考えています。

サイコム・ブレインズUBCLでは、2017年度もこうした公開講座を定期的に開催し、皆さまを積極的にサポートしてまいります。どうぞお気軽にお問合せください。

サイコム・ブレインズ UBCL 異文化適応研修事務局

電話でのお問い合わせ

Tokyo:+81-(0)3-5294-5576

※日本語

Bangkok:+66-(0)82-671-8574

※タイ語・英語

メールでのお問い合わせ

cbubcl@cicombrains.com
※日本語・タイ語・英語で対応可

PAGETOP

Bangkok

68/27, North Sathorn Road, Silom, Bangrak, Bangkok 10500, Thailand(UBCL Co., Ltd.内)

Bangkok
+66-(0)82-671-8574
+66-(0)2-206-2093
(タイ語・英語での対応可)
Tokyo Japan
+81-(0)3-5294-5576
+81-(0)3-5294-5578