• HOME
  • イベント
  • 研修企画の前に押さえておきたい「育成体系のキホン」~グローバル人材、海外拠点スタッフを例に考える~

サイコム・ブレインズ Online Seminar 研修企画の前に押さえておきたい「育成体系のキホン」 ~グローバル人材、海外拠点スタッフを例に考える~

11月29日(火)開催!
ハードルが高く思われがちな育成体系作成のメリット、
取組み方、「海外ローカル人材」など特定の対象に
フォーカスする場合のコツをお伝えします。

前回イベントのレポートを読む

急がば回れ!場当たり的な研修にならないための、企画の進め方、
押さえるべき項目とは?

日頃、グローバル人材や海外拠点のローカル人材の育成についてご相談を頂く中、「このようなワークショップ・研修をやりたい」というように、その時々の企画が先行し、「対象者の選定基準」「会社としての期待値」「目指すべきゴール」などが明確でない状況をよくお見受けします。実は、その原因は「育成体系」の不在にあります。多くの企業が、全社的な育成体系を持ち、それに基づいて階層別研修などを導入する一方で、国外の人員の育成は、全社の体系の枠外であることが多いのです。

このような時、対象者を限定した育成体系を一から構築することは、時間・コストの観点からハードルが高く、躊躇する企業様が多いのが実情ですが、育成体系の全体像を理解し、必要なポイントのみに絞ってディスカッションするだけでも、研修のゴールとニーズが明確になってきます。

本セミナーでは、サイコム・ブレインズが研修提供者の立場から考える「育成体系を作成するメリット」について紹介するとともに、グローバル人材、海外拠点のローカル人材など、対象者を限定した育成体系を作成する際の基本的な流れと押さえるべきポイントについて解説します。

参加対象者

  • 海外人事、海外事業などのご担当者
  • 海外拠点の運営に関わっていらっしゃる方

申し訳ございませんが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。

セミナーの内容

  • グローバル人材、海外ローカル人材育成における研修企画の現状と課題
    • 「何かやらなければ…でも何を?」課題・ゴールを把握する難しさ
    • 解決策としての「育成体系」作成
  • 「育成体系」作成の流れとポイント
  • サイコム・ブレインズがお手伝いできること
    • 「育成体系づくりワークショップ」で課題を発見する
    • 「現状インタビュー」で現地のニーズを把握する

講師紹介

  • 勝 幹子 Mikiko Katsu

    勝 幹子Mikiko Katsuサイコム・ブレインズ株式会社
    執行役員
    / シニアコンサルタント

    上智大学外国語学部、一橋大学大学院国際企業戦略研究科卒業。
    電機メーカーの人事部勤務ののち、ソフトウェア開発のベンチャー企業にてアライアンスを担当。サイコム・ブレインズに参画後は多国籍な参加者向けの研修や海外体験研修の企画の立ち上げに携わり、最近では海外の日系企業の組織文化ワークショップに力を入れる。

開催概要

開催日時
2022年11月29日(火)12:10‐13:00
※日本時間
定員
100名
参加費
無料
受付締め切り
開始直前まで申込み可能 *定員になり次第締め切らせていただきます。
お問い合わせ
サイコム・ブレインズ株式会社
担当:勝
電話番号: 03-5294-5573
メールアドレス:hrd@cicombrains.com

担当者がリモートワークのためオフィス不在となる可能性があります。
お問い合わせは電話ではなくメールで頂きたくお願い申し上げます。

研修企画の前に押さえておきたい「育成体系のキホン」
~グローバル人材、海外拠点スタッフを例に考える~

<申し訳ございませんが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。>

<2022年11月29日(火)開催>
お申し込みはこちら

本セミナーに関するお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当:勝

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com