管理職および候補者の経営知識レベルを測定 経営リテラシーテスト

「経営リテラシーテスト」は管理職に求められる経営知識として「経営戦略」「マーケティング」「会計・財務」「論理的思考」の4領域の知識レベルを客観的に評価するオンラインテストです。管理職の昇格試験、管理職向け研修前の知識レベルの把握・研修後の効果測定、若手優秀層の選抜・育成施策の立案などにご活用いただけます。

活用シーン

  • 管理職の昇格試験の一部として
  • 管理職向け研修前の知識レベルの把握、研修後の効果測定に
  • 若手優秀層(内定者含む新卒・中途社員)のレベル把握と選抜育成施策の立案に

3つの特長

1. テスト結果は、得点、平均点、偏差値によって、社外も含めた過去の受検者とのレベル比較が可能

単に問題の正解・不正解による得点だけでなく、本テストのこれまでの受検者を母集団とした偏差値を算出することで、受検者が社外も含めて相対的にどの位置にいるのかを把握することができます。

受検結果画面(受検者用)
2. 自社の受験者の全データをCSVでダウンロード。より詳細かつ自社の評価基準による分析と意思決定に活用
3. 日本語・英語・中国語の3言語でオンライン受検。外国籍社員、海外拠点も同じ基準による評価が可能

日本語での受検の場合ランダムに選ばれた設問が出題されます。英語・中国語の設問は固定になります。

サンプル問題

<問題1>

T社は自動車部品製造業である。前期の売上高は4億円、人件費や設備などの固定費は1億円、前期の営業利益は2,000万円とのことである。今期は、自動車の売上不振に伴い、T社の売上も3割ほど下がることが予想されている。 変動費の比率や固定費額が昨年と変わらないと想定したときに、今期の予想される営業利益として最も近い値を、次のうちから一つ選びなさい。(会計・財務)

  1.  1,400万円
  2. -1,600万円
  3. -4,000万円
  4. -10,000万円
<問題2>

特定市場における企業ポジションをリーダー、チャレンジャー、ニッチャー、フォロワーと分類した場合、フォロワー企業がとる戦略として最も適切なものを、次のうちから一つ選びなさい。(経営戦略)

  1. リーダーがまだ力を入れていない市場に力を入れて、リーダーからシェアを奪取するか、もしくは下位企業を攻撃することでシェアを高めていく。
  2. 技術力や資金力を活かして、フルライン(品揃えを幅広くする)戦略をとり、シェアを拡大する
  3. リーダー企業やチャレンジャー企業が本気で参入してこないセグメントを発見し、経営資源を集中することで、専門性を高めて独占的地位を維持する。
  4. リーダー企業や他の成功事例をうまく活用しながら、開発を低価格に押さえつつ、経済性セグメントを中心に売上を伸ばしていく。
受検者回答画面

導入事例

1.管理職の昇格試験の一部として
課題:
候補者を判断する材料が経営者・人事・直属の上司による主観に偏りがちで、客観的な指標がなかった。
解決したこと:
候補者に対し、インタビュー、ディスカッションを通じたソフトスキルの測定と組み合わせて、「経営リテラシーテスト」によりハードスキルの知識レベルを測定し、昇格可否のボーダーライン(基準点)を設定した。
2.管理職向け研修前の知識レベルの把握、研修後の効果測定に
課題:
次期経営幹部候補の育成のため、新たに管理職を対象に経営戦略やマーケティングなどの研修を実施する。部門や経歴によりそれぞれ学んできたことが異なるため、事前に科目ごとの知識レベルを見たうえで研修企画をおこないたいと考えている。
解決したこと:
研修対象者全員が「経営リテラシーテスト」を受験した結果、「論理的思考」について、他社と比較して平均点が低いことが分かった。論理的思考の研修時間を他の科目より長くし、内容も基礎から着実に学べるものに設計した。
3.若手優秀層(内定者含む新卒・中途社員)のレベル把握と選抜育成施策の立案に
課題:
経営者を相手にソリューション提案が求められる職種で、即戦力の高い新卒・若手社員を採用しているが、自社や顧客が求めるレベルについていけず、早期に離職してしまう社員も。
解決したこと:
入社前から「経営リテラシーテスト」を実施して知識レベルを把握。配属先の上司への共有や入社後の研修プログラム策定、さらに、本人の自己学習と動機づけに活用した。

導入インタビュー

管理職として必要な学びや実践ができているか?

―結果に差がつく適切な難易度のテストによって、
昇格者の選定を客観的に判断することができた。

医療機器メーカー 人事部様

記事を読む

「経営リテラシーテスト」の概要

出題領域 設問数 出題方式 制限時間 受検料
経営戦略 20問 択一式 80分 一人あたり 5,500円
(税抜5,000円+税10%)(税抜5,000円
+税10%)
マーケティング 20問
会計・財務 20問
論理的思考 20問
合計 80問
  • 導入をご検討される方には、無料体験テストをご提供しております。
  • 英語/中国語版もご用意しています。

経営リテラシーテストに関する資料請求・お問い合わせ

経営リテラシーテストの詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com