行動特性で整理する自己分析ツールDiSC®

パフォーマンス向上のために調節可能な「行動」を測定

DiSC®は、1920年代に心理学者ウィリアム・M・マーストン博士により提唱されたDiSC理論をベースに、1970年代に開発された自己分析ツールです。ある「環境」下で人がどのように状況を「認識」しどのように「行動」するかを測定し、人を否定的に判断しない「D主導」「i感化」「S安定」「C慎重」の行動特性で整理するものです。

心理タイプや性格を測定することを目的としているのではなく、パフォーマンス向上のために調節あるいは変化させることが可能な「行動」にフォーカスしています。

※英語、中国語を始めとして27言語で実施できます。

DiSC®の行動特性

DiSC®の活用法

  • マネジャー研修にて
    マネジャーが自分の行動が部下に及ぼす影響を理解し、更に部下の示す様々な言動とその背後のニーズへの対応法を学ぶことにより、部下指導がよりスムーズになります。
  • 営業研修にて
    営業担当者が顧客が言動で示す様々なニーズを理解し、その顧客に対する言動を改善することで、顧客との信頼構築がよりスムーズになります。
  • チームメンバー研修にて
    チームメンバーが互いの「違い」を「それぞれ異なる強み」と理解し、それらを活用する戦略を練ることで、チームのパフォーマンスが向上します。

※DiSCのコピーライトは、米国 John Wiley & Sons社が保有し、日本語版開発および総販売代理権はHRD株式会社が保有しています。

DiSC®に関する資料請求・お問い合わせ

DiSC®の詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573