• HOME
  • オピニオンズ
  • モンゴルの厳しい大自然の中で湧き上がる、リーダーとしての本物の想いと言葉

レポート

2018.12.10

モンゴルの厳しい大自然の中で湧き上がる、リーダーとしての本物の想いと言葉 ―『Leadership Journey in Mongolia』レポート

    • b! はてぶ
    西田 忠康 Tadayasu Nishida
    西田 忠康サイコム・ブレインズ株式会社
    ファウンダー 代表取締役社長
    小西 功二 Koji Konishi
    小西 功二サイコム・ブレインズ株式会社
    ディレクター / シニアコンサルタント

    痛みをともなう内省の向こうに見えた、揺るぎない軸(小西 功二)

    「あなたは一体何者なのか?」と、他人から正面切って問われたとき、明快な言葉で即答できる人はどれくらいいるのだろうか。自己を形成する本質は何か。譲れない価値観か、大切にしたい信条か…。

    『Leadership Journey in Mongolia』は、「あなたは一体何者なのか?」という問いに、自ら答えを見出すための、まさに『旅』であった。「他人をリードする前に、まずは自分をリードする」。そのために、ゆるぎない自己を確立する必要がある。一貫した判断軸、共感できる価値観がなければ、フォロワーはついてこず、リーダーシップは成立しないからだ。

    旅のクライマックスは、モンゴルの丘の巨石に登ってのリーダーシップ宣言。自分が大切にしたい軸は、『プロフェッショナリズム』であると確信した。仲間からのフィードバックをもとに考え抜き、言葉として紡ぎだした自分なりの『プロフェッショナルの定義』に力を込めた。そして、プロへのこだわりの先におぼろげながら見ていたビジョン。その実現を覚悟を決めて宣言した。モンゴルの雄大な景色を眼下に望みながら、清々しい気持ちに包まれた。

    しかしながら、プロフェッショナルへのこだわりという軸にたどり着くまでには、痛みをともなう内省もあった。新卒で入社し、長年勤めた会社を去ることになったこと。憧れて飛び込んだコンサルティング業界で疲れ果てたこと…。自己開示しながら、『敗北感』という言葉が口をついて出た。しかし、私は一体、何に負けたというのだろうか。勝ち負けを分かつものは何なのか。仲間の問いかけとも自問ともつかぬ声がぐるぐると頭をめぐる中、旅の伴走者である八木氏の言葉で目が覚めた。

    「自分の過去に自分で落とし前をつけよ。起きた出来事を総括して、前に踏み出す意義を見出せ。そうすれば、『敗北感』などという言葉は出ないはず。精一杯やったと思えるなら、結果はともあれ『これでいいのだ』と思えるのではないか。ビジネスの世界では、結果は他人が評価するかもしれない。しかし、プロセスを評価できるのは、あなた自身ではないか」

    八木氏の後押しを得て、翌朝早くゲルを抜け出し、リーダーシップ宣言を一気にまとめた。マイナス10度を下回る、痛いほどの寒気の中、震える手を押さえつけながら書きなぐったのは、決して自己満足的なパフォーマンスではなかったと思う。モンゴルの『場の力』を借りて、私の宣言をまとめたかったからだ。

    そうしてまとめた自身のリーダーシップ宣言は、現時点の自分が描ける精一杯を盛り込んだ、満足できるものとなった。また、仲間のリーダーシップ宣言も、いずれも素晴らしいものだった。自身と同じく、苦しみながら言葉を練り上げた、そのプロセスを間近にみているだけに、感動もひとしおだった。Leadership Journey in Mongoliaは、自身の記憶に刻まれる研修体験の一つとなった。

    RELATED ARTICLES