その他のテーマ意志伝達力強化

業務をより円滑に遂行するためのコミュニケーションを強化する

自分の言いたいことがあっても、回りのメンバーと軋轢を生むと思って我慢してしまうことはありませんか?
自分だけ我慢すれば、効率よくチームの仕事が進むと思っていませんか?
上司に言われたことをそのままやることが、円滑な仕事の進め方だとは思っていませんか?

仕事をより生産的に、効率よく、円滑に進めるためには、コミュニケーション(伝える力)がとても重要です。

アサーティブ・コミュニケーション
  • 相手が受け入れやすい伝え方で(コミュニケーションのあり方と双方の感情重視)伝える

ロジカル・コミュニケーション
  • 相手が理解しやすいよう、情報を整理して(論理的に)伝える

プログラムの狙い

  • 業務上のステークホルダー(利害関係者)とのコミュニケーションパターンを分析し、自己のコミュニケーションパターンを見直す
  • アサーティブのステップとロジカルコミュニケーションのフレームを学ぶ
  • 習得したフレーム・スキルの活用場面を具体化し実践できるようにする

プログラムの特徴

  • 業務内容に即した演習を使用し、実際の職場でもすぐに使えるようにします。
  • 何度もロールプレイを重ね、フィードバックをもらう&与えることで、自分のコミュニケーションの特徴を知りながらスキルを着実に着けられます。

本プログラムでは、意志伝達をスムーズに行い業務を円滑に進めるために有効なコミュニケーションフレームとしてアサーティブコミュニケーションとロジカルコミュニケーションのフレームを習得します。

受講者の声

  • 聴く姿勢・相手の事実・状況を理解したうえで自分の意思を伝えるコミュニケーションの大事さが分かった。
  • ロールプレイは難しい点もあったが、話す相手に伝えるポイント、自分のウィークポイントを認識でき、明日から本日学んだことを実行すべきと感じました。
  • 基本フレームの考え方は、非常に勉強になりました。自分の弱点を思い知らされた気がします。
  • 大変勉強になりました。ピラミッドストラクチャーを活用して、担当案件を説明できるよう心がけたいと思います。

このコンテンツに関する資料請求・お問い合わせ

このコンテンツの詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573