新人・若手社員の育成能動型フォロワーシップ強化プログラム

組織に貢献するために、自ら考え自ら行動できる
新人・若手社員を早期に育成

「能動型フォロワーシップ」とは?

組織の構成員一人ひとりに大きな成果創出が求められる状況においては、優れたリーダーとともに優れたフォロワーの存在が不可欠です。「能動型フォロワーシップ」とは、組織の目指すところを理解し、主体的に貢献しようとする姿勢です。能動型のフォロワーは、リーダーの考えやその背景を理解し、率先してその実現のために動きますが、一方でリーダーの考えを盲信することなく周囲の状況を分析し、時にはリーダーに具申や建設的な批判も行うことが求められます。

プログラムの特徴

このプログラムは、新人・若手社員が日々の仕事で遭遇する様々な状況において、能動型フォロワーシップを発揮するための考え方、行動のあり方、コミュニケーションのポイントを学習します。

ケーススタディやドラマ仕立ての映像を活用して、状況を具体的にイメージしながら、「自分だったらどのように行動するか」「能動型フォロワーはどのように行動すべきか」を深く考えるためワークを数多く行います。

学習内容
標準プログラム例(7時間×1日)
  • オリエンテーション

  • ケーススタディ:会議の準備を指示されたら…
    <グループ討議・解説>

  • 能動型フォロワーシップとは?/能動型フォロワーシップを発揮するコツ
    <解説・個人ワーク・グループ討議・解説>

  • フォロワーシップ1:自組織/仕事における自分のミッション(役割)を理解する
    <映像視聴・振り返り・グループ討議・ロールプレイ・解説>

  • フォロワーシップ2:自分が組織/仕事にどのような価値を付加できるかを考える
    <映像視聴・振り返り・グループ討議・ロールプレイ・解説>

  • フォロワーシップ3:関係する人の考えや背景を理解する
    <映像視聴・振り返り・グループ討議・ロールプレイ・解説>

  • フォロワーシップ4:建設的な具申を行ったうえで確実に行動に移す
    <映像視聴・振り返り・グループ討議・ロールプレイ・解説>

  • 行動計画の作成
    <個人ワーク・発表>

  • まとめ

このコンテンツに関する資料請求・お問い合わせ

このコンテンツの詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573