「一緒に良い仕事をしたい!」という気持ちを育む 謎解きジャーニー チームビルディング/心理的安全性の醸成/日・英のバイリンガル実施可

サービス概要資料ダウンロード

ワクワクする発見・気づき・感動のある体験を通じて、
主体性とチームの一体感を高める

本プログラムは、チームビルディングや心理的安全性の醸成をメインテーマに据えた、 “旅”がテーマの謎解きアクティビティです。
アクティビティには、街の中を歩く屋外散策型(『街歩き謎解き』)と、室内完結型(『スーツケース・ミステリー』)があります。いずれも「好奇心」と「冒険心」を刺激するようなさまざまな謎解きの体験を通じて、チーム一丸となって課題を解決するプロセスをご体感いただけます。
楽しいからこそ、能動的に取り組むことができ、一人ひとりの主体性を高めることにもつながります。本アクティビティの所要時間は3時間程度*で、日・英の完全バイリンガルでの実施が可能です。参加者が互いの声に耳を傾け、個性を認め合うといった多様性の尊重や、チームとして協働する力とその重要性に気づくなど、個人とチームの成長を促す大きなきっかけとなるでしょう。

謎解きアクティビティの前後に、準備セッションや振り返りセッションといったオプションを追加することで、より学びを深めることも可能です。さらに、研修のテーマは、チームビルディングや心理的安全性から、地域創生、SDGsまで、幅広く設定することができます。チーム内や部門を跨いだコミュニケーションの活性化、多様な視点への気づきやインスピレーションを得る体験が狙いであれば、年代や役職を問わず、20~150名+という規模でお楽しみいただけます。

どうぞお気軽にご相談、お問い合わせください。

*ご要望に応じて短縮・延長の調整が可能です。

本プログラムは、「インバイトジャパン株式会社」と提携してご提供しています。

インバイトジャパン株式会社は、チームがより強く繋がり、より生産的かつ柔軟で、幸せになれるように手助けすることを目的として活動する企業です。2015年の創業以来、「好奇心」と「冒険心」を重視した魅力的なチームビルディングアクティビティやワークショップを、多くの企業・学校・団体に日本語と英語の完全バイリンガルで提供しています。

インバイトジャパン株式会社

このような気づきと体験を得られます!

  • 1つの事象に対して多様な視点があることや、バイアスの存在に気づく

  • 互いの違いを理解し、個性を認め合う
    ことの重要性に気づく

  • 失敗を恐れず、主体的にチームに関わることを体感する

  • 皆で協力しながら問題解決する楽しさを味わい、チームで動く喜びを知る

  • 新しいアイデアが自然と生み出されるチームのあり方を学ぶ

「謎解きジャーニー」
資料はこちらから

サービス概要資料

ご質問・ご相談などは
こちらから

お問い合わせ

『謎解きジャーニー』標準プログラム例

  • プログラムはすべて日本語と英語の完全バイリンガルで提供可能です。
  • 以下の標準プログラムは街歩きをメインとする屋外散策型ですが、この他にも、室内やオンラインで行えるアクティビティのご用意もございます。

屋外散策型で3時間
(例:11:00~14:00)の場合
街を探索しながら謎を解くだけでなく、同時に観光や食べ歩きなども楽しんでいただくことをお勧めしているため、プレイ時間を長めに設定しております。開催時間や内容はご要望に応じてカスタマイズいたしますので、お気軽にご相談ください。

対象者
新入社員・若手社員
  • チーム内あるいは部門を跨いだコミュニケーションの活性化、多様な視点への気づきや楽しみながらインスピレーションを得る体験が狙いであれば、年代や役職を問わずご参加いただけます。
開催場所
浅草、横浜、鎌倉から1つを選択
参加人数
20~150人+
  • サブ講師やスタッフを付けるなどで、人数枠の拡大/複数クラスでの同時開催が可能

プログラム内容

11:00~11:10

現地集合 イントロダクション

11:10~13:40

街歩き謎解き

  • キットを手に、チームごとに街の中を探索します。
  • 街の中の看板や銅像などを観察して手がかりを見つけ、チームメンバーで協力しながら謎を解いていきます。
  • 食べ歩きを楽しんだり、チェックポイントで写真をするなど、サブミッションを追加することも可能です。
13:40~13:55

参加者全員でファイナルミッションに
挑戦

  • これまでに解いた謎を持ち寄って参加者全員で挑戦することで、一体感が得られます。
13:55~14:00

まとめ

  • 結果発表
  • 写真撮影
14:00~

次の研修施設へご移動

参加者の感想

  • 最初はどこから手を付けたらいいのかわからず、焦った。パズルは難しかったけれど、その分解けた時の爽快感が大きかった。
  • みんなでやっている!感があって、とても良かった。
  • 謎解きが丁寧な人もいれば、いかに楽をするかを考える人もいて面白かった。
  • 業務中と違い、社内の人たちと、よりソフトでラフなやりとりをすることができました。皆とても負けず嫌いで勝ちにこだわることが分かりました。謎解き中のコミュニケーションや役割には個性が出た、と感じています。
  • リモート時代に久しぶりにCo-workできる機会だったので楽しかったです。
  • 英語・日本語のバイリンガルサポートが素晴らしかったです。
  • Good interaction with the team. The actual questions were well balanced.
  • Engaging and quite fun.
  • I enjoyed myself and loved it. Each and every puzzles were different and creative!

『謎解きジャーニー』導入までのプロセス

  1. お問い合わせまずは「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
  2. ヒアリングご要望・ご要件をお聞かせください。
  3. 提案複数回の打ち合わせを経て、貴社のご要望・ご要件に沿ったプログラムをご提案します。
  4. プログラムの作り込みご発注いただきましたら、研修の内容についてお打合せを重ねながら確定し、スムーズな研修運営を実現できるよう万全の体制でサポートします。
  5. 研修実施現地集合・現地解散で実施します。
  6. 研修の振り返り・ご報告受講者の様子や課題などをご報告するとともに、今後についての提言をさせていただきます。

『謎解きジャーニー』よくあるご質問

雨天の場合はどうなりますか?

雨天でも実施できる内容となっています。
ただし、会場をご用意いただければ、室内で実施できるプログラム内容に変更も可能です。詳細はお問い合わせください。

単なる「楽しい謎解きゲーム」体験で終わってしまうのでは?

標準プログラムだけでも、謎を解きながら一緒に散策する中で、新たな発見や感動の共有体験があります。
こうした経験によって、組織やチームへの帰属意識・一体感の醸成はもちろん、
・問題解決に必要な多様な視点
・問題解決を妨げるバイアスの存在
・コミュニケーションのあり方
・新しいアイデアと発想にはチーム内に心理的安全性が必要であること
などにも気づくことができます。
貴社の狙いや目的、実現したいことに合わせて前後のプログラムを設計することによって、たとえば、地域創生やSDGsといったテーマをコンセプトにしたプログラム設計など、カスタマイズも可能です。お気軽にご相談ください。

「謎解きジャーニー」に関する資料請求・お問い合わせ

プログラムの詳細、実績、お見積り、カスタマイズのご相談など、お気軽にお問い合せください。

お気軽にお問い合わせください

詳しい案内のご依頼はこちらから