海外赴任前研修1日公開講座

現地法人における赴任者に対する評価は、
赴任後の3ヶ月でほぼ確定すると言われています。

赴任者に必要な「リハーサルの場」を提供!
毎月開講、1名から派遣可能

大手企業でも不定期に発生する赴任予定者に対し都度トレーニングを提供できず悩んでいらっしゃいます。当講座はこのような問題を解決するために毎月、公開講座として開講しており、赴任予定者に現地で役立つ学びを提供できる。講座として多くの企業様から支持されています。

本講座は、現地社員との価値観のギャップなどが原因で直面する具体的な状況について解説します。

さらに豊富なエクササイズを通して、無意識の思い込みに気づき、様々な問題を自分で解決するための視点、グローバルマインドセットの基本メソッドを習得し、その応用を学びます。

赴任者が「陥りがちな行動」と「取るべき行動」

本講座の特徴

  • 赴任者が直面する状況、成功例・失敗例を具体的に解説。
  • ロールプレイやシミュレーションなど、豊富なエクササイズにより、
    海外赴任者に必要な3つの要素を体で理解。
  • 赴任先の国でどのような問題に直面する可能性が高いか、また問題に効率的に対処するためにどうしたらよいか、パーソナルアセスメントで示唆。
  • 本講座の内容を企業内研修としてカスタマイズ提供も可能です。
  • 他社の赴任予定者との交流ができます。

プログラムの流れ

  1. オリエンテーション
  2. グローバルビジネスにおける「異」文化【レクチャー&演習】
  3. マルチレンズによる「他者」への接近と多面性理解【レクチャー&演習】
  4. ビジネスコミュニケーションにおける差異4つの文化的次元【レクチャー&演習】
  5. COAメソッドと現地への適応【レクチャー&演習】
  6. 異文化における言語コミュニケーションスキル【レクチャー】
  7. まとめ

研修の様子

  • seminorList1グループでのディスカッション
  • seminorList1講師からの講義、体験談の共有
  • seminorList1演習ですぐに実践
  • seminorList12つのグループに分かれて作戦会議

講師紹介

  • 鄭 偉

    鄭 偉ZHENG Wei拓殖大学商学部 准教授
    上海外国語大学大学院 異文化研究センター 特任教授

    上海出身。国際基督教大学行政学博士課程修了。異文化関係とコミュニケーション学を専攻。アジアのコミュニケーション研究に関しては、地域の歴史的、思想的背景を深く掘り下げ、独自の視点で今起きている問題に鋭い分析を行う。日系企業内部のコミュニケーション問題には、自ら行ったフィールドワークに加え、多数のケースを分析して説得力の強い解決策を提示する。確かな理論に裏打ちされた現場重視のアプローチは、顧客から常に高い支持を集めている。

鄭 偉講師からのメッセージ

近年では海外各国の事情はインターネットと情報誌でいくらでも調べることができます。では、サイコム・ブレインズで開催している海外赴任前研修公開講座の1日研修では何をするのかと考えられる方もいらっしゃるでしょう。実際、研修の参加者の赴任先はバラバラなのでそれぞれの国の文化と事情を個別に取り上げるのはナンセンスです。そのうえ、多くの参加者は出張や留学で豊富な海外経験を持っていますし、中には海外赴任経験者もいて「現地事情」には精通しています。

実は、この研修では海外赴任者に必要な「情報のコーディネーション技術」をお教えしているのです。たくさんの洋服や靴を持っていても、それをコーディネーションするスキルがない人、持ち物は少ないけれど、コーディネーションスキルが高くていつもおしゃれに見える人を例に挙げると、分かりやすいかもしれません。多くの日本人赴任者は現地についてたくさんの情報を持っていますが、それをどのように活用すればよいのかを知らないのです。

赴任者は異文化環境でのマイノリティーとして、着任後はスムーズなセットアップをして、現地で人々を巻き込みながらミッションを達成していかなければなりません。この研修は、異文化を「受け入れる」だけでなく、参加者が異文化の中で「発信できる」ことを最終目的としています。そのために、異なる文化背景を持つ他者をより客観的に分析することに重点をおき、自ら情報発信し、現地で起こりやい問題に主体的に対応できるようなスキルにフォーカスしています。

現地人社員との関わりを踏まえた上でのセットアップスキル、赴任先で感じやすい文化の違いによって感じる疲労、ストレスの取り除き方、異文化をニュートラルに認知して、ポジティブに他者を理解するためのマルチレンズスキル、現地人社員への日本本社の事情の伝達、説得のメッセージの作成スキル等、赴任後すぐに実践できる具体的な「コーディネーションスキル」を一連のワークとシミュレーションを通して学び、異文化の環境で仕事をするためのグローバル・コンピテンスを高めていただきたいと思います。

Culture Compass

Culture Compass は自身の価値観の傾向と、
母国/赴任国の価値観の傾向を比較する異文化アセスメント。

異文化と組織文化研究の世界的権威であるホフステード教授が国別の文化の違いを分類・スコア化した「6次元モデル」を基に、自身と現地の人の物の捉え方、考え方の差を相対的・客観的に認識します。赴任先で予測される事態をイメージしながら、赴任の準備をします。

本アセスメントの特徴

異文化と組織文化研究の世界的権威であるホフステード教授が国別の文化の違いを分類・スコア化した「6次元モデル」を基に、自身と現地の人の物の捉え方、考え方の差を相対的・客観的に認識します。赴任先で予測される事態をイメージしながら、赴任の準備をします。

  • どのようになりそうなのか
  • どうしたらいいのか
  • 私はこうする(行動計画)

【オンライン受診、所要時間約20分】

開催概要

開催日時
<2017年>
7月12日(水)/ 受付締切   7月  5日(水)
8月  3日(木)/ 受付締切   7月27日(木)
9月13日(水)/ 受付締切   9月  6日(水)
10月18日(水)/ 受付締切 10月11日(水)
11月15日(水)/ 受付締切 11月  8日(水)
12月13日(水)/ 受付締切 12月  6日(水)
時間
9:00〜17:00
会場

CICOM BRAINSラーニング・センター
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7F

定員
各25名
受講料
各48,000円(税別)※アセスメント費3,000円込み
お問い合わせ
サイコム・ブレインズ株式会社
担当:勝/Debby Li
電話: 03-5294-5576
メール:lecture_fun@cicombrains.com

海外赴任前研修1日公開講座 のお申込み

※赴任先が決定されている方は、「通信欄」に赴任先の国・地域と赴任予定時期をご記入ください。 <申し訳ございませんが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。>

<2017年10月18日(水) 講座>
お申し込みはこちら
※受付締切 10月11日(水)
<2017年11月15日(水) 講座>
お申し込みはこちら
※受付締切 11月8日(水)
<2017年12月13日(水) 講座>
お申し込みはこちら
※受付締切 12月6日(水)

Culture Compass のみのお申込みは
下記までお問い合わせください。

海外赴任前研修1日公開講座に関する資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。担当:勝/Debby Li

電話でのお問い合わせ
03-5294-5576