• HOME
  • 事例紹介
  • < 大手素材メーカー > 部長の意識・行動改革を目的とした研修とアセスメントの活用
部長層・課長層(候補者含む)育成

大手素材メーカー部長の意識・行動改革を目的とした研修と
アセスメントの活用

背景:「ウチの部長は『大課長』なんです」

この企業では、これまで部長クラスの人材に対して体系的な教育を行ってこなかった。人事部門が『ウチの部長は、大課長なんです』と表現するように、部長クラスの多くが、課長時代の意識を引きずったままで、部長としてより大きな視座に立つこと、意思決定や実行のレベルを高めることが課題となっていた。

サイコム・ブレインズのご提案

部長としてどのような役割を担うべきなのか。その役割を果たすためにどのような行動が必要なのか。これらを学び実践するために、サイコム・ブレインズからは以下の4つの施策を提案した。

  • 3日間の集合研修
  • 半年間の現場実践
  • 半年後の360度診断
  • フォローアップのための集合研修(1日)

「部長に必要な役割・行動」を学ぶ

サイコム・ブレインズでは、部長クラスの人材に必要な7つの役割・行動を『Hexagon Plus®』としてモデル化し、このモデルに基づいた研修プログラムを提供している。当該企業では、3日間の集合研修として実施。研修では、ケーススタディ、ディスカッション、ロールプレイといった様々な手法を用いて、求められる役割の重要性、役割を行動として体現するための知識・スキルを学習した。

現場での行動に対して、客観的なフィードバックを受ける

集合研修の実施後、受講者は各々のアクションプランに基づいて学習内容を実践。半年後には上司、部下、本人による360度診断を2週間かけて実施。実践期間中の現場における行動について、客観的なフィードバックを受けた。また、フォローアップ研修では、受講者が自身の診断結果を開示し、受講者間でフィードバックを行った。

詳細:上級管理職(部長層)向け 360度診断
『Hexagon Plus® 360』

本施策は、研修による学習だけでなく、現場での実践と他者からの客観的なフィードバックによって、部長の意識・行動変革につながったことが当該企業から評価された。当初は各事業部からの推薦による受講者選定が行われていたが、現在ではすべての部長クラス社員を対象として、継続的に実施されている。

受講者の声

  • 研修後に実践したことを、アセスメントによって客観的に見直すことができた。部の方向性や戦略について、部下に対して伝えたと思っていたことが、実際は伝わっていない、あるいは誤解されていることが分かった。
  • 内省が大事である、というのは理解できるが、忙しい中でそれを実践することは難しい。集合研修やアセスメントによって、内省のための時間をなかば強制的に持つことができたのは、非常に有意義であった。
  • 受講者間でフィードバックしあうことで、部長どうしのネットワークが強くなった。

この事例に関する資料請求・お問い合わせ

この事例の詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573