• HOME
  • お知らせ一覧
  • 「山口周氏と考える「ニュータイプ」のキャリアコンサルタントとは?」イベント開催レポート

イベントレポート

2020年5月8日「戦略的ビジネスパートナーとしてのキャリアコンサルタント育成講座」開講記念イベント「山口周氏と考える『ニュータイプ』のキャリアコンサルタントとは?」 アフターコロナのキャリアと仕事
~山口周氏講演から考えるキャリアコンサルタントの今後~

  • b! はてぶ
2020.07.07
河上 志保 Shiho Kawakami
河上 志保サイコム・ブレインズ株式会社
ソリューションユニット / コンサルタント / エキスパート(キャリア開発)

去る2020年5月8日にサイコム・ブレインズでは「戦略的ビジネスパートナーとしてのキャリアコンサルタント育成講座」開講記念イベント「山口周氏と考える『ニュータイプ』のキャリアコンサルタントとは?」を開催いたしました。本ページではその内容の一部をご紹介いたします。

「山口周氏と考える『ニュータイプ』のキャリアコンサルタントとは?」イベント概要はこちら

コロナ後に起こるキャリアと仕事の変化を
「10の切り口」で考える

サイコム・ブレインズは、今年12月から、公開講座「戦略的ビジネスパートナーとしてのキャリアコンサルタント育成講座」を新規開講いたします。開講を記念して、本講座にご登壇いただく山口周氏をお招きしたオンラインセミナーを開催いたしました。実に500名近い方にお申込みいただき、企業内のキャリア開発に対する関心の高さを感じました。
山口氏からは「コロナ後のキャリアと仕事」というテーマでお話しいただきました。講演では、山口氏はコロナ後の人々の働き方に影響を与える変化の可能性を「これから起きるだろう10個の変化」として提起されました。ここで挙げられた10の切り口は、働く人を取り巻く仕事・環境の変化について、広く深く、切り込むものであると同時に、「斬新」というよりは、「やはりそうなるのか」といった、納得に近い感情を聴く人に与えたように思います。私たちが、何となく感じていたことを、改めて整理して言語化してくれる内容だったのではないでしょうか。


これから起きるだろう10個の変化
  • 1.仮想空間シフト
    仮想空間が仕事の標準スペースへ「週に何度行く会社か?」が職場選びの要素に
  • 2.コンピテンシーポートフォリオの変化
    仕事能力における物理要素の減少と抽象要素の拡大・・・評価の結果も激変の可能性
  • 3.マネジメント能力の二極化
    仮想空間シフトで生産性が上がる人と下がる人に二極化
  • 4.組織におけるダイナミクスも変化
    空気がない仮想空間では空気を読めない アイデンティティを消去する会議も可能
  • 5.ライフスタイルの多様化
    どこに住むか・何をするか・誰とやるかについて自己決定が求められる
  • 6.企業の地理的多様性も増加
    ただ単に便利という理由で東京にオフィスをもつ意味がなくなる どこに本社があるかがアイデンティティ
  • 7.仕事選びの要素も変化
    職場の「人が好き」「場所が好き」の重要性が低下 職務そのものが楽しめないと楽しくない時代
  • 8.学習格差の拡大
    正統的周辺参加の機会が減少・・・自己学習力格差が拡大
  • 9.メンタルの二極化
    孤独耐性の高い人はかえって楽しく、低い人の職場満足度は低下
  • 10.副業・兼業の状態化
    物理存在は分割できないけど仮想上の存在は同時多発的でユビキタス

山口周氏講演内容

ここから先は「10個の変化」のうち、特に本講座の受講対象者である企業内キャリアコンサルタントに関連するものをピックアップしてご紹介したいと思います。

「仮想空間シフト」と
「コンピテンシーポートフォリオの変化」

まず、アフターコロナでは「仮想空間シフト」が起こると山口氏は言います。コロナ禍で在宅勤務・リモートワークが急速に進みましたが、このリモート化に伴う仮想空間への移行はコロナ後も続き、以前の状態に完全に戻ることはないだろうという考えです。
例えば、コロナ前の働き方においては、個人の態度や立ち居振る舞い、評価者と馬が合う、気が利くなどの「物理空間」ならではの要素が評価の一部でした。特に、若手などはそのような評価の比重が高かったかもしれません。しかし、働く場所が「仮想空間」にシフトすると、先に挙げた要素よりもアウトプットがより重視されると考えられます。つまり、物理空間と仮想空間では、評価される人・コンピテンシーが異なってくる可能性があるのです。
「仮想空間シフト」が起こると、組織のコンピテンシーが変わり、これまで評価されてた人が急に活躍しなくなる、ということが起こる可能性があるということです。ある人が急にパフォーマンスが出なくなってしまった時、その要因を、環境変化をふくめて探り、解決策を考える視野の広さを持つことが、これからのキャリアコンサルタントには求められます。

「ライフスタイルの多様化」

次に、働く場所が仮想空間にシフトすると、住む場所の選択にも影響がでてきます。これまでは、毎日オフィスに通勤可能な場所に住むのが当たり前でした。しかし、もし2週間に1回出社すれば良いとなれば、わざわざ地価が高く、環境も悪い都市部に住まずとも、好きな場所・環境を選んで仕事をするという選択が現実的になります。また、通勤時間がなくなる分、稼働できる時間が増え、生産性が上がるため、このような働き方を提供できる企業の労働採用競争力は高まるでしょう。北海道に住み、福岡の会社で働く…といった働き方も可能になる等、どこに住み、何をして働き、誰と仕事をするかを、制約条件で考えるのではなく、自分自身の意思で決められるようになっていきます。
これは、言い換えると、自己を内省する力が求められる時代と言うこともできます。自分はどこに住み、何をしたいのか。自己を掘り下げ、幸福度とパフォーマンスを最大化できる場所・働き方が何なのかを自分自身で考える必要があるのです。今後、ライフスタイルの選択肢が広がっていくなか、自己を内省する力はますます求められるようになるでしょう。企業の中にいるキャリアコンサルタントは、その内省を支援する「リフレクター」として、大きな役割を果たすことができるのではないでしょうか。



当日の様子

「仕事選びの要素の変化」

「今の会社で働き続けたい」理由をたずねた時、よく挙がる回答として「人が好き。会社にいる同僚が好き」があります。社員が物理的に会社に集まる働き方においては、同僚の好き嫌いといった社内の人間関係が、職場選びの重要な要素のひとつになっていました。ところが、仮想空間シフトが進み、仮に週に1回だけ出社すれば良いとなった場合、この人間関係の影響度が相当薄まります。
では、仕事選びの要素として今後何が重要になるかというと、「その仕事で自分のパフォーマンスが上がるか。その仕事そのものが好きかどうか」です。仮想空間シフトが進むと、業務管理において、テイラーイズムが成立しない世の中になっていきます。社員に決まった時間きっちり仕事をさせる、という管理が困難になり、ある種の権限移譲が世の中全体で進み、個人のディシプリンに依存するという変化が起こります。そのような状況下でも、義務感だけで仕事をする人よりも、自分の仕事が好きで、やりがいをもって取り組む人のほうが生産性が高くなることは明らかです。職場の人間関係や立地といった要素の影響がなくなると、そもそもその仕事が面白いと思えるかどうかがこれまで以上に重要になるのです。「人」「場所」「仕事の面白さ」といった、人が仕事を選ぶ際のポートフォリオが変わる点もキャリアコンサルタントは頭に入れておく必要がありそうです。

キャリア支援の必要性はコロナ禍で加速度的に高まっている

コロナショックの最中にあり、働く人を取り巻く環境が激変する今、企業に所属するキャリアコンサルタントに期待される役割もこれまで以上に大きくなっていることを、今回改めて感じました。
「戦略的ビジネスパートナーとしてのキャリアコンサルタント育成講座」の企画当初より、企業内キャリアコンサルタントには、一般的なキャリアコンサルタントに期待される「個人に寄り添う役割」に留まらず、個人・組織両方の視点を持ち、能動的に双方に働きかける必要がある、という課題意識がありました。同講座は、終身雇用の事実上の終焉、それによるキャリア自律の必要性など、時代の流れを受けての企画でしたが、ここにきてコロナショックという、未曽有の危機がその流れを一層加速させています。
「仮想空間シフト」が進み、キャリアの内省が促される今こそ、社員一人ひとりのモチベーションを高め、組織全体の生産性を最大化させる一翼として、キャリアコンサルタントのさらなる活躍が強く求められるのではないでしょうか。

  • 河上 志保 Shiho Kawakami

    河上 志保Shiho Kawakamiサイコム・ブレインズ株式会社
    ソリューションユニット
    / コンサルタント / エキスパート(キャリア開発)

    明治大学商学部卒業。包装資材や食品パッケージを扱う印刷会社に入社し、大手食品会社に対する提案型営業や新規顧客開拓に従事。サイコム・ブレインズ入社後は、グローバル人材育成のコンサルタントを経て、営業力強化グループのプランナー、アソシエイトとして企業の人材育成の支援に取り組む。「社会人が楽しく学び、イキイキ働くための支援」をミッションに掲げ、個人と組織が共に成長できるようなプログラム開発を目標にしている。国家資格キャリアコンサルタント取得。神奈川県横浜市出身。2015年生まれの娘の育児と仕事を両立するワーキングマザー。

人事・キャリア開発者向け 公開講座

「戦略的ビジネスパートナーとしてのキャリアコンサルタント育成講座」に関する資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。担当:河上/関根

電話でのお問い合わせ
03-5294-5576
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com