進化するラーニングのカタチ オンライン英語研修成功のコツ
~バーチャル空間の特徴を活かす~

  • b! はてぶ

コラム

2020.06.16

加藤 円 Madoka Kato
加藤 円サイコム・ブレインズ株式会社
マネジャー/シニアコンサルタント

オンラインでは話せるのに、現場ではイマイチ。いかにリアルに近い環境をつくるか

前述のオンライン英会話のメリット・デメリットをふまえると、企業のオンライン英語教育の効果を高めるには、どんな工夫が必要となるでしょうか?

注目したいのは、オンライン英会話のメリットである「講師を独占でき会話量が確保できる」「個人のレベルや目的に合わせてカリキュラムをカスタマイズできる」という点です。「オンライン英会話では結構話せている気がしたけど、仕事で英語の会議に出てみたら思うように発言できなかった」という声を聞くことがあります。実際のコミュニケーションでは、必ずしも相手が自分の英語レベルやペースに合わせてくれるわけではないですし、グローバル環境では発言の機会は自分で作っていくことが求められます。

社員がグローバル環境で英語を使って仕事を進められるようになるためには、リアルに近い環境でトレーニングができるか、このポイントを押さえなければ効果を高めることはできないでしょう。練習の場である研修をリアルな環境に近づけるために、オンライン英会話のメリットに補完すると良いポイントを以下の6つにまとめてみました。

オンライン英会話を補完して成果をあげる

まずはグループの力を最大限に活用することです。自分の現在の英語力はテストやアセスメントを使って客観視することも可能ですが、実際に複数人数でのコミュニケーションの場に飛び込んでこそ、他人と比較して自分のできること、できないことを実感することができます。時には自分のペースやレベルからストレッチしてチャレンジングな環境でもまれることで、新たな気づきを得たり成長のスピードを上げることも短期間で効果が期待される企業研修では重要です。また、グループでの学習は、相手がネイティブかノンネイティブか、日本人がいるかいないかに関わらず、恥ずかしいという精神的な壁を乗り越えて英語でコミュニケーションをとらなくてはならない環境に慣れるという点でも利点になります。

次に意識すべきことは、できるだけ緊張感があり、複雑な状況への対応を練習できる場とすることです。企業研修の場合、社員の英語力向上の目的はあくまで仕事の成果をあげることです。実際には責任のある立場で、異なる文化的な背景をもつ相手と目的を達成するために英語をツールとしてゴールを達成することが求められるのですから、研修は安心安全な場であるといえども、プレッシャーのかかる場でなければ本番でできるようにはなりません。

最後に、同志を作り協調学習を進めやすい環境づくりを支援することです。モチベーションの維持向上には実はこれが一番効果が高いと日頃感じています。会社や上司のプッシュは外発的モチベーションの形成という点で、また、講師の専門的なアドバイスは特に学習効率の向上という点で有効ですが、英語学習においては個人の内発的モチベーションを形成することが不可欠です。仲間と励まし合いながら楽しく学習すること、仲間同士で自主的に学ぶ習慣をつけることが成果を上げる大きな助けとなります。

これらのポイントを見てみると、集合研修で期待できるポイントに相通じるものがあるかと思います。ではやはり集合研修を行うのがよいのでしょうか?しかしそれでは時間や移動の制約問題は解消できません。そこで最近注目されているのがバーチャル研修の活用です。