部長層・課長層の育成管理職(課長層)研修
Pentagon Plus

組織で成果を出す力とプレイヤーとして成果を出す力の違い

新入社員からリーダーや係長へ、課長から部長へと役職が上がるに伴って、求められるスキルは変化します。特に管理職への昇進時には、それまでとは全く別のスキルが必要になります。

プレイヤーとしては一流だったのに、管理職になったとたんに力が発揮されず、評価が下がる人も少なくありません。それは管理職としての役割を果たすためのスキルを知らない、または役割そのものを理解していないためと考えられます。管理職に昇進した際には、基本的な労務管理や評価面談のやり方を学ぶだけではなく、この役割を知り、役割を果たすためのスキルを学ぶ必要があります。

『Pentagon Plus』は、管理職にとって必要なスキルが一目で理解できるよう「6つの行動」に体系化しました。サイコム・ブレインズの管理職向け研修は、この「6つの行動」を核として学習できるように設計をしています。

管理職に求められる6つの行動
Pentagon Plus (ペンタゴン・プラス)

管理職に求められる6つの行動 Pentagon Plus (ペンタゴン・プラス)

研修の特徴

  • 管理職が自らの役割を認識し、その役割を果たすための要件を「6つの行動」としてシンプルに体系化。「6つの行動」は、網羅的でありながらも、キャリアにおけるターニングポイントを強く意識づけます。
  • 「6つの行動」にもとづいた360度サーベイを実施。自分自身で「6つの行動」を内省し、強み弱みを把握する事ができ、より強化するポイントに気付く事ができます。

対象者

  • 新しく管理職になられた方
  • 部下マネジメントで悩みをお持ちの方
  • 管理職であるにも拘らず、プレイヤーの意識が抜けない方

研修のゴール

  1. 管理職に必要な「6つの行動」について理解できている状態
  2. 現状とあるべき姿とのギャップを認識し、明日からの行動変化についてのアクションプランが立てられている状態

標準プログラム例(7時間×3日間)

事前課題

360度診断

  • オリエンテーション
    研修の目的、研修プログラム、期待されること、自己紹介
<1日目>
  • 6. Self Managing
    自分自身が率先垂範することでメンバーを牽引する

    FEED BACK

  • 1. Goal Setting
    組織の目標をメンバーの業務へ落とし込む

    CASE STUDY

<2日目>
  • 2. Team Building
    共に目標に向かうチームをつくる

    BLOCK GAMEREFLECTION

  • 3. Missions Planning
    各メンバーの特徴を掴み役割を与える

    REAL WORKCASE STUDY

<3日目>
  • 4. Member Supporting
    メンバーの業務をサポートする

    CASE STUDYROLE PLAY

  • 5. Feed back Giving
    フィードバックを行うことで育成を図る

    CASE STUDYROLE PLAY

行動計画書作成

*評価者研修を組み込んでの実施も可能です。

このコンテンツに関する資料請求・お問い合わせ

このコンテンツの詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573