• HOME
  • 事例紹介
  • 新興国派遣研修:若手・中堅層向けグローバルリーダーシッププログラム
異文化適応/海外拠点での人材育成

大手総合電機メーカー新興国派遣研修:若手・中堅層向け
グローバルリーダーシッププログラム

グローバル戦略を担う若手・中堅層社員に新興国ビジネスを経験させる実践的なプログラム

お客様の課題

新興国市場におけるビジネスの拡大は、経営のグローバル化や持続的な成長を実現するうえで重要な戦略の1つになっており、そうした国や地域でビジネスを開拓することができる若手・中堅人材を育成する必要が高まっていた。

課題の整理

海外市場、とりわけ新興国への本格的な進出については、国内のライバル企業と比較しても立ち遅れ感は否めず、外国企業には水をあけられていた。この状況を打破すべく、新興国市場への進出や事業拡大を本格化させるにあたって、そうした国や地域でビジネスを遂行し、成果を出せる人材が不足していることが課題となった。

サイコム・ブレインズのご提案

新興国派遣研修の概要と目的
目的

新興国でのビジネスの習慣や進め方のノウハウと対人スキルを学ぶ

  • 今までの常識が通用しない環境でのプロジェクト遂行を通して、新興国ビジネスに挑戦する自信とリーダーシップを高める
  • 現地の人々と交流し、日常生活を間近に見ることで、今後の新興国戦略を考えるうえでの革新的な発想の基礎を醸成する
概要
  • 数人のグループを構成し、インド・中国・タイ・ベトナム・インドネシアの現地企業、NGO等に派遣
  • 派遣先でプロジェクトの立案、実施、プロジェクトの引き継ぎまでを請け負う
  • サイコム・ブレインズまたは現地パートナーのコンサルタントがメンターとなり、プロジェクトの方向付けと、成果の引き継ぎについて助言する
  • 企業訪問、経営者へのインタビュー、大学の講義聴講、BOP地域の視察を通して現地の人々と交流
  • ホームステイ(1週間程度):新興国中流家庭の日常生活を体験
  • プロジェクトの例:新製品の上市プラン、PR施策、インフラの改善、BOP層への商品・コンセプト普及 etc.
  • Phase 1 講義・ワークショップ3日間
    • 企業戦略の視点で見た新興国の捉え方
    • グローバルリーダーとして求められる資質や姿勢
    • 自社における新興国ビジネスの位置づけ
    • 異文化理解とコミュニケーションスキル
  • Phase 2 プロジェクト体験(5週間)
    • 現地企業/NGOで、プロジェクト活動
    • 現地支援機関によるセミナー
    • ワークショップへの参加
    • 現地の様々な立場や職業の人々との交流

  • Phase 3 成果発表(1日)
    • 現地体験からの学び・気づきの整理
    • 自身のリーダーシップへの反映
    • 自社上層部・自部門などへのプレゼンテーション

この事例に関する資料請求・お問い合わせ

この事例の詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573