組織文化戦略遂行や目標達成に向けた組織変革/イノベーションを起こす組織づくり/
組織文化診断オンラインサーベイ

現在の組織文化は、戦略遂行や目標達成を支援している?阻害している?

組織文化を変革するには

組織文化とは、「ある組織のメンバーを他の組織のメンバーと区別する、集合的なプログラミング」です。このプログラミングは本来目に見えないものですが、組織のメンバーが持つ価値観や行動様式を客観的に把握し、それらを戦略遂行や目標達成に向けて変革することは、グローバル化やダイバーシティが進む企業経営において重要な課題です。

しかしながら、多くの場合、自分たちの組織の文化がどのような特徴や傾向を持っているのかを正確に認識し、あるべき文化に変えていくという行為(=組織文化の変革)は想像以上に難しく、何らかの「道具」を活用することが必要です。

「組織の健康診断」から始める組織変革

文化には良い文化も悪い文化もなく、文化とはただ異なるだけのものですが、組織文化は変革を支援するツールにも変革時の阻害要因にもなりえます。組織文化を診断することによって、「現在の組織文化」を可視化し、「戦略遂行と目標達成に最適な組織文化」を定義すれば、現在の文化と最適文化との間にあるギャップをどのように扱い、どのように最適な組織文化を醸成してゆけばよいかを議論し、施策を打ち出すことができるようになります。

サイコム・ブレインズでは、組織文化の専門家集団であるHofstede Insightsと提携し、現在の組織文化を可視化する「オンラインサーベイ」と変革のプロセスを支援する「ワークショップ」を組み合わせた効果的なプログラムを用いて、企業の「組織文化の診断」と「変革アクション」を支援しています。

組織文化に関する資料請求・お問い合わせ

コンサルティングの詳細や成果、プログラムのカスタマイズについて、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com