営業組織の強化成果の出る営業組織づくり/ヒアリング・提案・クロージング強化/中国・アジア現地社員の営業力強化

戦略と実行の間、組織と個人の間に「壁」がありませんか?

事業本部・営業企画部門STRATEGY → HOW?
  • ・事業ビジョンと営業戦略を拠点が理解していない
  • ・新たな営業戦略を遂行できる人材が少ない
人材開発部門
  • ・事業本部のニーズに沿った研修を実施できない
  • ・中長期的な能力開発に現場が理解を示してくれない
各支店・営業課
  • ・従来の営業のやり方を変えられない
  • ・OJTに時間や労力をかけられない

従来の「商品説明型」から「課題解決型」の営業スタイルへの転換が叫ばれて久しいにもかかわらず、それを本当の意味で実践できている営業組織は、業種や企業規模問わず非常に少ないのが現状です。課題解決型営業への転換は、単に「個人のスキルの問題」ではなく、「組織の問題」です。組織として課題解決型営業の文化をつくるためには、事業部門、人材開発部門、営業現場のそれぞれが持つミッション・価値観・言葉の違いを越え、一つの方向性にアラインメントしなければなりません。


課題解決型営業を根づかせる…「絶えず学習し続ける営業組織」に

昨今の営業は「組織戦」「情報戦」です。個々人の知識・スキルを高めることも必要ですが、営業組織が一丸となって、顧客という組織に価値を提供しなければ受注を勝ち取ることができません。また顧客は各社から具体的な提案を受ける前に、受注先をある程度選定しています。受注先の候補として選ばれるためには、RFP(提案依頼書)の有無にかからず、ニーズが顕在化される前に情報を察知し、顧客分析をもとにした仮説を提示し、課題の明確化をサポートすることで、自社の優位性を確立しなければなりません。

組織戦・情報戦を勝ち抜くためには、非常に広範な知識・スキルを組織として学習し、根づかせる必要があります。また環境が変われば顧客の課題も変るため、「絶えず学習し続ける組織」であることが求められます。

サイコム・ブレインズは、営業組織が絶えず学習し続けるための幅広いソリューションをご提供します。現場リサーチやアセスメントによる課題の特定、広範な学習コンテンツの提供、集合研修の域を超えた「営業会議型学習」の場づくり、各拠点における学習・実践・振り返り、効果測定と再学習のデザインまで、一貫してサポートします。

<クリックで拡大>

営業組織の強化に関する資料請求・お問い合わせ

コンサルティングの詳細や成果、プログラムのカスタマイズについて、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573