部長層・課長層の育成次世代経営幹部の選抜と育成/役割の定義とアセスメント/理念・ビジョンの浸透

  • 主なプログラム

管理職(新任~3年目)のためのリーダーシップ実践研修

学習と現場実践のサイクルを回しながらリーダーシップを身につける

管理職は部下に対しリーダーシップを発揮して、組織やチームとしての目標を達成しなければなりません。しかし、多くの管理職が「部下が育たない」「部下のモチベーションが低い」「部下をうまく巻き込むことができない」といった課題をもっています。他者の経験に学ぶだけでなく、自身が現場の状況に即してリーダーとしての行動を明確にし、それを実践し、成功・失敗から学ぶ、といったサイクルを回すことが必要不可欠です。

上級管理職(部長層)研修Hexagon Plus®

必要なのは「知識・スキルの習得」ではなく、「変革者としてのマインドと行動」

上級管理職にとって今後ますます重要となる要件を体系化した「7つの行動」です。この「7つの行動」を核として、上級管理職が日々の忙しさの中でも大局的な視点に立ち、かつどれ一つとして欠けることなく自らを成長させることを支援します。

管理職(課長層)研修 Pentagon Plus®

組織で成果を出す力とプレイヤーとして成果を出す力の違い

新入社員からリーダーや係長へ、課長から部長へと役職が上がるに伴って、求められるスキルは変化します。特に管理職への昇進時には、基本的な労務管理や評価面談のやり方を学ぶだけではなく、この役割を知り、役割を果たすためのスキルを学ぶ必要があります。管理職にとって必要なスキルが一目で理解できるよう「6つの行動」に体系化しました。

部長層・課長層の育成に関する資料請求・お問い合わせ

コンサルティングの詳細や成果、プログラムのカスタマイズについて、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573