部長層・課長層の育成次世代経営幹部の選抜と育成/役割の定義とアセスメント/理念・ビジョンの浸透

どのような部長、課長が今後必要とされるのか?

目指すべき将来を示すことができる
  • ・組織のメンバーがモチベーション高く仕事をするためのビジョンを示すことで、仕事そのものに対しての意義を見出すことができる
  • ・やらなければならないことが、やりたいこと、やり遂げたいことに変わることで、仕事に対しての取り組み姿勢が主体的になる
  • ・価値観の違うメンバーが集まった場合でも、チームとして一丸となることができる
果敢に挑戦して、試行錯誤する
  • ・今までの経験では解決できなくなった課題に取り組む際、トライ&エラーを繰り返すことで解を見つけ出す
  • ・新しい領域に取り組む際に注意しなくてはならない自身の思い込みに気付くことで、意思決定の質が上がる
  • ・職位に応じたPDCAのサイクルを理解しスピーディに回すことで、組織としての成果を高める
部下と共に真剣に働くために、真の信頼関係を築く
  • ・仕事によって成長できる環境を作るために、どのような仕事をアサインするかを知る
  • ・ティーチング、コーチング、エンパワーメントを使い分けることで効果的に育成を行う
  • ・信頼関係を構築し、その上でフェードバックを行うことで成長を加速させる

部長層・課長層の育成に関する資料請求・お問い合わせ

コンサルティングの詳細や成果、プログラムのカスタマイズについて、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573