• HOME
  • 事例紹介
  • 次世代グローバルリーダーの育成~海外現地法人外国人グローバルリーダー研修~
異文化適応/海外拠点での人材育成

日系大手メーカー次世代グローバルリーダーの育成~海外現地法人外国人グローバルリーダー研修~

次世代のグローバルリーダーを育成するため、海外現地法人の
マネジャー層に対する1週間の集中研修プログラムを実施

お客様の課題

ヨーロッパ、アジア地域において海外現地法人を設立しビジネスを拡大してきたが、急速な海外展開を行ったこともあり、日本本社が策定したビジョン、ミッション、経営方針が海外現地法人において十分に徹底されない状況が発生。経営方針を浸透させることが求められるとともに、日本人を含めた将来の経営幹部候補をグローバルリーダーとして教育し、グローバル経営のための総合力をいっそう高めることが必要となった。

課題の整理

各国に拠点を作りグローバルな事業展開を進めてきたが、海外現地法人の組織や人の育成は後回しになった感は否めず、日本本社の戦略に沿った経営ができていない、ミッションやビジョン、企業価値が共有されていないといった状況になってしまった。グローバルな経営力を高めるためにも、現地法人の外国人マネジャーを育成し、グローバル経営に参画するようにもっていく必要性があり、また、並行して日本人のハイパフォーマーをグローバル経営リーダーに育成するため、外国人と日本人合同の育成プログラムを導入することになった。

プログラムの概要/構成
  • 海外現地法人のナショナルスタッフのマネジャークラス社員を選抜し、東京で1週間の集中研修を実施。
    日本本社のハイパフォーマーも参加
  • 企業文化や経営理念の共有
  • 集合研修:グローバルビジネスに必要な経営スキルやコミュニケーションスキルの習得
  • ワークショップ:実務におけるビジネス課題の解決策の策定スキルの習得と提言プレゼンテーション

サイコム・ブレインズのご提案

そのビジョンが達成されると
グローバルリーダーに相応しい
課題解決力の習得

戦略コンサルタントやグローバル企業でのマネジネント経験を持つプロフェッショナルな講師の指導のもと、自社の経営課題を解決する実践力とグローバルビジネスの実行を担う幹部としてのマインドセットを観につける

グローバル規模での一体感の醸成

企業のビジョン、ミッション、バリューの理解・共有と海外現地法人の幹部社員同士、あるいは日本本社の幹部候補との人的ネットワークの構築による企業としての一体感の醸成と、グローバル規模でビジネス情報の共有ができる素地を作る

Day1 オープニング:
動機づけと価値観の共有

経営トップからの動機づけ

  • ミッション、ビジョン、バリューの共有
  • グローバル戦略とリーダーシップ

ビジネスの手法や会社組織、インフラ情報の共有

経営幹部との懇親/ネットワーキング

Day2 グローバルコミュニケーションスキルの習得
  • コンフリクト・マネジメント
  • ネゴシエーションスキル
Day3 経営スキルのレビュー
  • 企業戦略
  • マーケティング
  • アカウンティング
Day4 自社課題解決ワークショップ

実務における課題解決や戦略策定

Day5 自社課題解決ワークショップと研修成果のアウトプット
  • 実務における課題解決や戦略策定(午前)
  • 経営トップへのプレゼンテーション(午後)

この事例に関する資料請求・お問い合わせ

この事例の詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573