• HOME
  • 事例紹介
  • < 専門商社 > 若手ナショナルスタッフ向け研修
ナショナルスタッフ育成

専門商社若手ナショナルスタッフ向け研修

日本での集合研修で基礎知識をインプットする

お客様の課題

  • マネジャー層(課長、部長)を日本に呼んで行う研修を実施していたが、
    対象者が減ってきた。マネジャーになれるような現場の若手が育っていない
  • 本社の戦略や状況を理解した動きを取れていない
  • 英語力が低いスタッフもいるので、全世界のスタッフを集めての実施は難しい

サイコム・ブレインズのご提案

  • マネジャーにしたい候補生を対象に、経営基礎知識の習得を中心とした研修とする
  • マネジャーになったら必要となるコミュニケーションスキル(フィードバックやルールの浸透)なども取り入れる
  • 日系企業の動きへの理解を促進する「異文化理解」を組み入れる
  • 英語と日本語のセッションを別に開催し、英語を苦手とする社員は日本語クラスに参加
プログラムの特徴
  • 経営課題の理解、課題分析、戦略策定スキルに重点を置き、経営関連の知識を応用して考えるグループワーク(業務課題分析)を最終発表とします。
  • 英語および日本語にて実施
事前課題
  • 財務・会計のE-Learningを修了
  • グループワークで追求したい業務上抱えている課題について考えをまとめる
Day1

ストラテジックシンキング

  • 経営環境理解
  • 戦略策定
  • 課題分析
  • 意思決定
Day2

財務・会計基礎

  • 財務・会計
グループワーク
Day3

異文化理解

  • 日本文化理解

リーダーとしてのコミュニケーション

  • リーダーシップ
  • チームビルディング
  • コーチング
グループワーク
Day4

プレゼンテーションスキル

グループワーク

最終プレゼンテーション

業務課題について会社への提言

この事例に関する資料請求・お問い合わせ

この事例の詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573