• HOME
  • 事例紹介
  • < 物流事業会社 > ナショナルスタッフ幹部候補生トレーニング
ナショナルスタッフ育成

物流事業会社ナショナルスタッフ幹部候補生トレーニング

世界の各リージョンごとに集合して、
統一したプログラム内容で実施

お客様の課題

  • 現地法人(子会社およびジョイントベンチャー含む)の経営が担えるローカルスタッフが少なく、日本人の駐在員がトップを占めている
  • 本社の人員不足と、今後現地での新規事業開拓を拡大したいので現地の経営はローカル社員に任せたい
  • ローカル社員は現場には強いが、経営的な知識や目線が不足している

サイコム・ブレインズのご提案

  • 現地法人のNo2,3のポジションにあるマネジャーを地域ごとに集めてトレーニングを行う。(東南アジア、中国、ヨーロッパ、アメリカ)
  • トレーニングは単発ではなく、3~4年間かけて行うものとし、その間の人事施策、アサインメントもトレーニング成果を活かせるものとするよう、各拠点長と調整を続ける
  • 経営基礎科目を、現場を意識した演習を交えて学ぶ内容とする
  • 将来の組織トップとして必要になる組織マネジメントやリーダーコミュニケーション等も取り入れる
トレーニング内容

この事例に関する資料請求・お問い合わせ

この事例の詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573