組織文化組織文化診断プログラム(Hofstede Model®)

「組織の健康診断」から始める
組織変革のための効果的なプログラム

組織文化とは、「ある組織のメンバーを他の組織のメンバーと区別する、集合的なプログラミング」です。このプログラミングは本来目に見えないものですが、組織のメンバーが持つ価値観や行動様式を客観的に把握し、それらを戦略遂行や目標達成に向けて変革することは、グローバル化やダイバーシティが進む企業経営において重要な課題です。
サイコム・ブレインズは、国民文化・組織文化研究の世界的権威であるヘールト・ホフステード博士の長年の研究成果に基づいて開発された診断ツール「Hofstede Model®」を採用し、組織文化の専門家集団であるHofstede Insightsと提携して、「組織文化を可視化するオンライン診断」と「変革のプロセスを支援するワークショップ」を組み合わせたプログラムを提供します。
このプログラムでは、Hofstede Insightsの認定ワークショップを修了した経験豊富な講師・コンサルタントが、Hofstede Model®を用いて、クライアント企業の組織文化の変革を支援します。

Hofstede Model®の特徴

「現在の組織文化」と「目標達成に最適な文化」を8つの切り口で数値化・可視化し、ギャップを明らかにすることで、組織の文化が「戦略遂行や目標達成を支援しているか」あるいは「阻害しているか」を診断します。

<組織文化診断の8つの切り口>
  1. 組織の効率性(結果と手段のどちらを重要視するか)
  2. 大切なのは誰か(組織内か、顧客か、社外ステークホルダーか)
  3. 仕事の規律(緩やか 対 厳格)
  4. 組織内の関心(上司/部門への忠誠か、自身の職務/専門的能力への忠誠か)
  5. 組織外への接し方(オープンか、閉鎖的か)
  6. 組織の経営哲学(従業員志向 対 仕事志向)
  7. 組織内の人々のリーダーシップ受容度
  8. 人と組織の一体感

<診断結果レポートサンプル(抜粋)>

fgi1

組織文化診断プログラムの主な用途

  • PMI(M&A後の組織統合)
  • チェンジ・マネジメント
  • ダイバーシティ・マネジメント(グローバル化を含む)
  • イノベーションを起こす組織づくり etc.

組織文化診断と変革に向けたプロセス

組織文化診断プログラムの実施フロー

組織文化診断プログラム(Hofstede Model®)に関する資料請求・お問い合わせ

組織文化診断プログラム(Hofstede Model®)の詳細や成果、その他のプログラムのカスタマイズについては、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com