• HOME
  • 公開講座
  • Cicom Innovation Consortium 2022 サイコム イノベーション コンソーシアム

夜間オンライン公開講座Cicom Innovation Consortium 2022
サイコム イノベーション
コンソーシアム

Cicom Innovation Consortium 2022
サイコム イノベー
ション コンソーシアム

八木洋介氏&現役人事リーダーと考える「必要な学びの場」無料セミナー申込受付中! 日時:2022年5月25日18:30-20:00 八木洋介氏&現役人事リーダーと考える「必要な学びの場」無料セミナー申込受付中! 日時:2022年5月25日18:30-20:00
場所 開催期間 受講料
オンライン 2022年8月15日(月)〜2023年2月8日(水) 定額制198,000円(税込)

お問い合わせ

講座申込締切日:初回参加日程の3週間前まで
(詳細はお問い合わせください)

一流講師陣、異業種から集うメンバーたちのとの他流試合を通して、
イノベーターになるための知識、視点、発想力を手に入れる

コロナ渦を経て、技術革新と産業のボーダーレス化が急速に進み、様々な業界でゲームチェンジが起こっています。この状況において、企業が持続的に成長するためには、既存の価値観やビジネスモデルにとらわれない「イノベーション」が不可欠であり、次世代の経営・事業を担う人材には、そのための視点や知識のアップデートが期待されています。

「サイコム イノベーション コンソーシアム」は、事業開発、商品開発、新規事業部門において、イノベーターを志す方を対象とした定額制の学びの場です。大手企業でイノベーション創出、事業戦略、DX推進などを指導してきた一流の講師陣による5つの講座から、ご自身の課題意識・興味関心に応じ自由に選択、受講いただける他、見放題のビジネス動画ライブラリから弱点の克服やリテラシー強化のための更なる学習をおこなうことができます。同時に、様々な業界・企業から集まる受講者との議論、グループワーク、交流を通して、自組織を越えた視座や発想力を獲得します。

受講対象者

  • 事業開発、商品開発、新規事業部門の方

講座の特長

  • 日本のMOT教育元年から実施しているプログラムが原点

    2003年、当社はマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院と提携した公開講座「エグゼクティブMOT(技術経営)プログラム」を創設し、延べ約7,000名以上の方に受講いただきました。本コンソーシアムは、同プログラムを原点としており、時代の流れに応じ、講座内容をブラッシュアップしながらも、技術志向の高い企業様はもとより、あらゆる企業のイノベーション創出に有用な理論、フレームワークを学べる内容を受け継いでいます。

  • 実践力を強化するための「アウトプット」を重視

    映像教材で、理論やフレームワークなどのインプットを事前におこない、クラスでは、講師への質問や、受講者同士のディスカッションやグループワークなどのアウトプットに比重を置き、知識・スキルを職場で実際に使えることを目指します。複数の講座を受講することにより、各講座で学んだ内容が有機的につながり、包括的な視点で事業を構想し、課題解決やアイデア創出をおこなう力を養います。

  • 他流試合、ネットワーキングを通じて多角的な視点を養う

    日系大手企業の管理職およびその候補者を中心とした、意欲の高い方々が受講されています。講座では、多業種から集まるメンバーとの議論、学び合い、交流により、アイデア創出のヒントとなる気づきや視点を得ることができます。また、受講者同士のネットワーキングを支援する講座外のイベントとして、外部有識者を招いた受講者限定の講演会なども予定しています。

  • 自発的な学びとリテラシー向上を支援する『ビジネスマスターズ®』の提供

    受講期間中は、動画見放題サービス『ビジネスマスターズ®』を提供。各講座の事前学習用の映像教材に加えて、幅広いテーマを網羅する約2,400本のビジネス動画を視聴いただけます。講座でカバーするテーマにプラスして、ご自身の業務内容・課題・興味関心に対応する領域・テーマを学習することが可能です。
    https://www.cicombrains.com/online/businessmasters.html

各講座の概要

開講期間中、5つの講座ラインナップから、ご希望の講座と日程を選択してご受講いただけます。(日程オプションがある講座はA・Bいずれかの日程からひとつご選択ください)

特別講演会の参加は任意です。開講後、受講者に直接ご案内いたします。

イノベーション戦略(全3回)
各回18:30-21:30
日程
  • 【A日程】2022年8月15日(月)、8月29日(月)、9月12日(月)
  • 【B日程】2022年11月16日(水)、11月30日(水)、12月14日(水)
ねらい
  • MIT(マサチューセッツ工科大学)のMOT(Management of Technology)プログラムでの講義をベースとしながら、環境分析、競合・自社分析にかかわる基本的なフレームワーク、分析手法やイノベーションのプロセスを習得する
  • 技術やアイデアを経営の立場から評価し、自社の技術をどう活用していくかを考える
  • 社外(ユーザーや他組織など)との連携によるイノベーション創出のアプローチ方法を体得する
第1回

テクノロジーとイノベーション

    技術革新、S字カーブ、破壊的技術、イノベーションのジレンマ

グループワーク、ケースディスカッション

第2回

リードユーザーと顧客分析

    ニーズの深化とユーザーイノベーション、リードユーザーメソッド、ユーザーコミュニティ

イノベーションと競合優位性

    4つの競合優位性

グループワーク、ケースディスカッション

第3回

イノベーション戦略の実行

    意思決定のための分析ツール

オープンイノベーション

    意義と背景、オープンイノベーションのモデル

グループワーク、ケースディスカッション

デザイン思考(全3回)
各回18:30-21:30
日程
  • 【A日程】2022年10月11日(火)、10月25日(火)、11月8日(火)
  • 【B日程】2023年1月10日(火)、1月24日(火)、2月7日(火)
ねらい
  • 製品開発、戦略立案、顧客開拓といった課題解決において、アップル、P&Gなどの世界的企業で採用されているデザイン思考を学ぶ
  • エスノグラフィーやカスタマージャーニーマップなどの手法を学び、顧客視点での思考法と課題解決のアプローチを体感する
  • 初期アイデアを、製品、サービスの「カタチ」にする一連のプロセスを体得する
第1回

デザインイノベーションの考え方・プロセス/イノベーションの機会を捉える

    イノベーションの4つのコア原則、機会探索ツール

グループワーク

第2回

エスノグラフィックリサーチ

    エスノグラフィー、インサイト、ペルソナ、カスタマージャーニーマップ

グループワーク

第3回

アイデア創出/プロトタイピング

    アイデア発想ツール、ラピッドプロトタイピング

グループワーク

新規事業創造(事業発想力強化)
(全3回)各回18:30-21:30
日程
  • 【A日程】2022年10月5日(水)、10月19日(水)、11月2日(水)
  • 【B日程】2022年11月15日(火)、11月29日(火)、12月13日(火)
ねらい
  • 事業機会につながる魅力的な事業アイデアの発想法や、誰に何を提供するかという顧客への提供価値を明確にしていくやり方を学ぶ
  • リーンスタートアップなどの事業開発について学び、仮説レベルのアイデアを確信に高めるための検証方法を習得する
  • グループワーク、講師をふくむクラス全体での討議を通じ、新しい事業アイデアを考え、ブラッシュアップするプロセスを体得する
第1回

事業アイデアの発想法

    組み合わせ法、クロストライアル、事業発想を生み出す3つのポイント

演習、グループワーク、クラス全体での討議

第2回

顧客への提供価値

    セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング、機能的価値・心理的価値・経済的価値

演習、グループワーク、クラス全体での討議

第3回

顧客理解の新しいアプローチ

    リーンスタートアップ、グロースハック、顧客インサイト、顧客の構造

演習、グループ討議、チーム発表

DX構想力強化(全3回)
各回18:30-21:30
日程
  • 【A日程】2022年8月23日(火)、9月6日(火)、 9月26日(月)
  • 【B日程】2022年11月10日(木)、11月24日(木)、12月8日(木)
ねらい
  • 事業ビジネスモデルの転換を迫られた企業の成功・失敗事例を通じ、DXにおいて抑えるべきテクノロジー、ビジネスモデル、障壁などについて理解を深める
  • テクノロジーを含めた自社の課題、提供価値を再検証し、次代のビジネス創出や、課題解決のための具体的なソリューションを検討する
第1回

DXの基本

    DXとは、バリュープロポジション、マーケティングミックス

ケーススタディ

第2回

DXを取り巻く課題領域

    デジタル時代の4つの課題領域、テクノロジーの潮流

ケーススタディ

第3回

自社課題の特定と対策について考える

    自社のDX診断、ビジネスモデル・トレンド

ケーススタディの振り返り、グループ討議、全体発表と議論

企業経営シミュレーション(Bissim)(全4回)
各回18:30-21:30
日程
  • 【日程】2023年1月19日(木)、1月26日(木)、2月2日(木)、2月8日(水)
ねらい
  • 実際のビジネスの状況を模した経営シミュレーション(Bissim)を4日間行い、経営者の立場で、財務・マーケティング・経営戦略などの知識を活用した意思決定を体験する
  • 市場や競合の動向、自らの意思決定の影響などを洞察する経験を繰り返すことで、大局的な視点を得る
第1回

第1ラウンド

    イントロダクション、チーム組成、MVV作成、目標設定
    意思決定
第2回

第2ラウンド

    前回の振り返り
    意思決定
第3回

第3ラウンド

    前回の振り返り
    意思決定
第4回

最終ラウンド

    前回の振り返り

グループプレゼンテーション、質疑応答、講師フィードバック

  • 特別講演会 18:30-20:00

日程
  • 2022年10月28日(金)
テーマ

カーボンニュートラルの現状と未来

    ワールドビジネスサテライトにレギュラー出演等を通じて、鋭い切り口で世界経済を分析をされているロバート・フェルドマン氏(MIT卒・経済学博士)に、テクノロジーの浸透と今後の日本/グローバル経済の行く末をお話しいただきます。

【講演者】
ロバート・フェルドマン モルガン・スタンレー証券 シニアアドバイザー

登壇者紹介

  • 小橋 貴之 Takayuki Kobashi

    小橋 貴之Takayuki Kobashi担当講座:新規事業創造(事業発想力強化)

    早稲田大学商学部卒業。グロービス経営大学院(MBA)卒業。日立ソフト、ランドコンピュータを経て人材育成の非営利法人「Creo」を創業(現職)。システム開発・ソリューション会社を中心に、大企業、中堅企業、ベンチャー起業の各段階を経験。また、社内の新規事業計画立案の経験も豊富。現在は大企業を中心に、新規事業創造やプロジェクトマネジメントの研修を中心に行っている。

  • 小林 敬明 Hiroaki Kobayashi

    小林 敬明Hiroaki Kobayashi担当講座:イノベーション戦略/
    企業経営シミュレーション(Bissim)

    東京大学法学部卒業、シカゴ大学経営学修士。日本電信電話株式会社(NTT)に在籍、主にネットワークサービスのマーケティングを担当。その後ボストン・コンサルティング・グループを経て、 日本BT戦略企画本部長としてM&A、提携等の戦略を担当。さらにHSBC証券会社シニアアナリスト(通信、放送、広告)を経て、2003年にサイコムに参画。同社COOを経て、2008年10月のサイコム・ブレインズ株式会社設立とともに取締役就任。経営・イノベーション人材育成担当。共著に「標準MOTガイド」(日経BP社)など。

  • 白根 英昭 Hideaki Shirane

    白根 英昭Hideaki Shirane担当講座:デザイン思考

    株式会社mct代表取締役社長 2002年にペルソナ(象徴的な顧客像)やエスノグラフィー(人類学の手法を応用した調査方法)等の活用によるイノベーションのコンサルティングサービスを開始。一橋ビジネスレビュー(2007年)、日経情報ストラテジー(2008年)、ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー(2010年)などに寄稿。 2008年から 関西の産官学共同によるソフト技術者の養成塾で講師を担当。ペルソナ&カスタマエクスペリエンス学会理事。

  • 宮林 隆吉 Ryukichi Miyabayashi

    宮林 隆吉Ryukichi Miyabayashi担当講座:DX構想力強化

    慶應義塾大学経済学部卒業。イエセ経営大学院経営学修士。一橋大学より博士号(経営学)を取得。営業・マーケティング部門・電通総研主任研究員を経て、DII/データ・テクノロジー・センターにてテック・スタートアップへの投資・事業開発プロジェクトを推進する。電通退社後、IoT/データ・テクノロジーに特化したVCを創業。著書に「マーケティング・実践テキスト」「経営戦略としての異文化適応力」(JMAM)。

  • ロバート・フェルドマン Robert Feldman

    ロバート・フェルドマンRobert Feldman担当講座:特別講演会
    「カーボンニュートラルの現状と未来」

    1998年2月、チーフエコノミストとしてモルガン・スタンレー証券会社(現:モルガン・スタンレーMUFG 証券株式会社)に入社。日本経済の見通しや金融市場動向及び政策動向の予測を行うとともに、2000-2020 年、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系列)にコメンテーターとして出演。雑誌寄稿、講演などの対外活動 にも積極的。2017年4月より東京理科大にて経営学研究科技術経営で教授、2022年4月から上席特任教授。著書に「日本経済 起死回生のストーリー」(財部誠一 共著、PHPビジネス新書) 「フェルドマン式 知的生産術」(プレジデント社) など多数。

受講者の声

  • 他の会社の方と議論ができ、考え方や視点などが参考になった。論文をもとにレポートを作成し、視点や考え方などを整理し、それらをまとめる作業をすることで、理解をより深めることができた。リモートで受講できたので、移動に時間を費やすことなく、効率的であった。(研究開発/イノベーション戦略受講)
  • 事前課題でインプットをしたおかげで、クラスでは時間をかけてテーマについて取り組むことができたので良かった(研究開発/イノベーション戦略受講)
  • 自分と他の受講者の考えの違い等を議論できたことが良かった。特に論理的な思考方法が自分にまだまだ足りていないと痛感させられ、良い気づきになった。添削いただいたコメントを見て、再度独自に取り組みたい。(製造開発/イノベーション戦略受講)
  • 講義の時間のみでなく、グループワークをして最終発表する事で、より理解が深まった。講師は大切なポイントについて実例を交えながら説明してくれたので、とても分かりやすかった。(製造開発/新規事業創造受講)
  • シミュレーションを通して,ある程度実践に近い形で財務・マーケティング関係の勉強をすることができ,感覚をつかむのに役立った。講師の方の知識が豊富で,単なるシミュレーションのための解説ではなくビジネスで役立つ知識を教えてもらえた。(研究開発/企業経営シミュレーション(Bissim)受講)
  • 財務という不慣れな分野にも関わらず、ゲーム感覚ということもあり、自主的に勉強することもでき非常に役立った。R&Dにいる身として、マーケティングの重要性等も分かりありがたかった。(研究開発/企業経営シミュレーション(Bissim)受講)

開催概要

開催期間
    イノベーション戦略(全3回)
  • 【A日程】
    2022年8月15日(月)、8月29日(月)、9月12日(月)
  • 【B日程】
    2022年11月16日(水)、11月30日(水)、12月14日(水)
    デザイン思考(全3回)
  • 【A日程】
    2022年10月11日(火)、10月25日(火)、11月8日(火)
  • 【B日程】
    2023年1月10日(火)、1月24日(火)、2月7日(火)
    新規事業創造(事業発想力強化)(全3回)
  • 【A日程】
    2022年10月5日(水)、10月19日(水)、11月2日(水)
  • 【B日程】
    2022年11月15日(火)、11月29日(火)、12月13日(火)
    DX構想力強化(全3回)
  • 【A日程】
    2022年8月23日(火)、9月6日(火)、 9月26日(月)
  • 【B日程】
    2022年11月10日(木)、11月24日(木)、 12月8日(木)
    企業経営シミュレーションBissim(全4回)
  • 【日程】
    2023年1月19日(木)、1月26日(木)、2月2日(木)、2月8日(水)
    特別講演会「カーボンニュートラルの現状と未来」
  • 【日程】
    2022年10月28日(金)
時間
各回 18:30-21:30(特別講演会のみ18:30-20:00)
開催方法
オンライン(WebExを使用します)
定員
各講座25名 (最少開講人数5名)
受講料
定額制 198,000円(税抜180,000円+税10%)

※開講期間中、5つの講座ラインナップから、ご希望の講座と日程を選択してご受講いただけます(日程オプションがある講座はA・Bいずれかの日程からひとつご選択ください)
申込方法
下記お問い合わせ欄に記載の事務局メールアドレス、または、お問い合わせフォームよりご連絡ください。追って、担当者よりお申し込み手続きに関する詳細をご案内いたします。
申込締切日
初回参加日程の3週間前まで(詳細はお問い合わせください)
受講規約および個人情報の取り扱いについてご確認ください。
CB_open_class_policy.pdf
お問い合わせ
サイコム・ブレインズ株式会社
「サイコム イノベーション コンソーシアム」事務局
担当:柳野(やなぎの)
メール:hrd@cicombrains.com
電話: 03-5294-5573

担当者がリモートワークのためオフィス不在となる可能性があります。お問い合わせは電話ではなくメールで頂きたくお願い申し上げます。

サイコム イノベーション コンソーシアム
2022
に関するお問い合わせ

  • 場所
  • 受講料
  • 場所:オンライン
  • 受講料:198,000円
    (税抜180,000円+税10%)
  • お問い合わせ

サイコム イノベーション コンソーシアムに関するお問い合わせ

担当:柳野(やなぎの)

担当者がリモートワークのためオフィス不在となる可能性があります。お問い合わせは電話ではなくメールで頂きたくお願い申し上げます。

電話でのお問い合わせ
03-5294-5573
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com